読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

丸の内OLの作り方〜仕事のお願いの仕方〜お局様の動かし方〜

さて、出来ない人の思考の癖を掴んで動かしていく事を書いていきましたが、

今回はその最後③好き嫌いで判断する人について書いていきたいと思います。

好き嫌いで判断するって恐ろしいですよね。

この仕事が嫌いだからやらない

貴女のことが嫌いだからやらない

そう言った事をあっさりとやってしまう人が世の中には存在するのです。

こう言う人はなぜでしょうか、

私の出会った中ではお局様と呼ばれる方々が多いような気がします。

何の関わりの無くなった今でも、あのお局様たちを思い出すたびに

あーあいつら、母子共々はらわたまき散らして死なねぇかなぁ

なんて思ったりします。

お局様とは恐ろしい存在なのです。

ではなぜお局様は好き嫌いで判断するのでしょうか?

まず、それを考えてみていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

考えても見てください。お局様20年以上貴女の会社に居るのです。

酸いも甘いも、貴女の生きた年月以上に

辛酸を舐め続けてきたのです。

そんな相手がぽっと出の貴女を好きになるわけがありません。

①貴女の若さが嫌い

②貴女のルックスが嫌い

③貴女の立ち振る舞いが嫌い

お局様は貴女に対して上記の3種類の感情で占められています。

そんな方に

何か教えてもらおうとか、

何かお願いしても、

やってくれる訳がないですよね。

逆に貴女の方はどうですか?

このババア、態度わりいし、生活疲れしてるし、

化粧は古いわ、古い型のスーツ着てやがるなぁ

そんな事考えていませんか?

ババアは察知能力が高いのです。

好意というものは伝わりにくいですが、

悪意というものはすぐに相手に伝わります。

悪意が伝わったら相手は緊張状態になります。

緊張状態になったら相手は貴女に心を開きません。

心を開かない相手なら、いくら傷つけてもいいと考えます。

なので、好き嫌いで判断する相手にあたった時に、まずやる事は

相手に好きになってもらう事

が第一です。

これはお局様に関わらず、上司部下後輩先輩全ての関係で重要な事ではないでしょうか。

人間、程度の差はあれ、好き嫌いで心が動かされてしまうものです。

では相手に好かれるためにはどうしたらいいか?

常にとは言いません、相手と関わりがある瞬間だけ、

相手のスーパーファンになりましょう。

相手の喜ぶ事は何かを考えましょう。

気の聞いた一言を添えましょう。

どこかに行ったら必ずお土産を買ってきて渡しましょう。

好きになった相手には無下な事はできません。

逆に言えばお局様は会社に長くいた生き字引なのです。これを利用しない手はありません。

女性の敵は女性ですが、女性の味方も女性です。

若い女性が年長の男性に好かれるのは簡単です。

ですがそれは甘やかされるだけの関係で終わってしまいがちです。

貴女を厳しく指導して成長させてくれるのは実は年長の女性なのです。

一流のキャリアウーマンを目指すなら、一流のババアキラーを目指しましょう!