読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

丸の内OLの作り方〜仕事が出来るってどういうこと、ちょっとその前に〜

コラム50本ノック

前回、仕事が出来る人は相手の時間を使わせない人の事だ、という事を書きましたが

時間を使わせないということの前に、仕事が出来る人の

大前提を書くことを忘れていました。

そんなこともあるよね にんげんだもの(ずんを)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私がまだぴちぴちの新入社員として外資系の銀行に入社した時のお話です。

Performance reviewと言って、社員の業績評価をする面談が当時の直属の上司の方とありました。

その上司の方は40代のやせ形の男性で、目の大きなジローラモのような.....

そんなルックスでした。

ひと通り話終えた後、彼が私に聞きました。

「君はなんの為に仕事をしているのか」

まだぴちぴちの新入社員の私は、「ほえ!?」と思いました。

仕事についていくのに必死すぎて、そんな事考えた事もありませんでした。

というか仕事なんて、

金のため

としか考えていませんでした。

さすがに相手がジローラモと言え、そんな事言えるわけもありません。

そのさらに上の上司の耳に届いたら便所で腹に一発食らわせられるに違いありません。

そこで私は、

「会社のため、チームのためですかね」

ときりっと答えてみました。

そうすると、上司の方は口元で、にやりと笑い「甘いなぁ...」と言いました。

私はまた「ほえ!?」と思いました。

すると上司の方は、

「君がなんの為に仕事をするか?それは

全部、俺の為に仕事をしているんだよ」

とおっしゃいました。

それを聞いた私は、

UHEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!?!?!??!

今まで私は私の為に生きていたけど、

私という存在は、

オフィスにおいては、

上司様の為に存在していたのか!!!

と衝撃を受けたのでした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これは極端な例かもしれませんが、

オフィスで人事権を持っているのは上司様です。

上司様のご機嫌次第で自分のキャリアプランなどあっという間に変わってしまうのです。

まずは上司様に好かれること。

その為に、相手の時間を使わせなかったり、期待を上回ったり、

好きになってもらう事が大切なのです。

では次回こそ、具体的に相手に時間を使わせない方法を書いていこうと思います!