ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

丸の内OLの作り方〜頭が悪いと思われない為の思考術②

「こいつはできる!」

老若男女、誰だってオフィスでそう思われてちやほやされたいですよね。 そのためには、結論だけをばしっと突いて、説得力のある意見で「デキる私」をアピールしていきましょう!逆に、だらだらと結論の見えないことを発言で相手の時間を取らせてしまうと、

「こいつできねぇなぁ」

と思われてしまいます。

そう、「頭が悪いと思われない」ための基本的な「思考術」がロジカルシンキングなのです☆

--------------------------------------------------------------

さて、ロジカルシンキングの基本的な考え方には4種類ばかりあります。

①ざっくりとあたりをつける

②なんにもないところから考える

③より良い物がないか考える

④漏れがないか考える

②、③については、

あきらめましょう!!!

なにもないところから考えたり、

よりよいものを考えたりするクリエイティビティがあったら、今頃、

スティーブ・ジョブズになっているはずです!!!

では、①ざっくりとあたりをつける方法についてみていきましょう☆

----------------------------------------------------------------------

あたりをつける、とは結論のあたりをつけることです。

例えば、

おかーさんが、じゃがいもとにんじんと、牛肉を買ってきたら、

「今日はカレーかもしれない!いや、肉じゃがかもしれない!いやいや、シチューかもしれないぞ!」

と今日の晩御飯(結論)のあたりをつけられますよね。

なぜこんなことができるのでしょうか。

それはあなたの中に、じゃがいも、にんじん、牛肉からできる料理についての「経験」が詰まっているからです。

仕事についても同じです。

あなたが敬愛すべきお局様があんなにも強いのはどうしてでしょうか?

それは、彼女たちの中に圧倒的な経験が詰まっているからです。

なので、彼女たちはすぐに類似ケースを自分の引き出しから見つけ出すことができ、

それを現状のケースに当てはめることができるのです。

それが故、経験の少ないあなたを、思う存分、かわいがる事ができるのです....

あなたが仕事をもらったらやることはまず、

①15分かけて過去の事例を探しあて、

②その途中経過と結論をチェックし、

③与えられた仕事に当てはまるかを見て、

④それを要約して正しいか上司に確認することです。

営業の方だったら例えば、お客様からクレームから来た時、

過去に同じ様なクレームなかったかを過去のファイルを見て、

同じような対応策を見つけ出すことです。

事務の方だったら、急にきた訳の分からない仕事でも、

過去のフォルダを探す事からはじめましょう。

まず自分でゼロから考えようとしない!

これならば今までゼロからやろうとして

「うひー!わかんないよー!」

といっていた仕事も15分で終わるわけです。

徹底的な模倣から「推定力」を得て、結論へと導きだして行く、

これがロジカルシンキングの第一歩なのではないでしょうか。

次回は結論を導きだしたら、次はどうするか?について見て行きたいと思います☆