読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

子飼にしたい後輩ちゃん操作術

春もうららかな季節の事です。

オフィスには、新卒で採用された新入社員の姿がちらほらと目につくようになりました。

彼らは研修でいろんな部署を回るそうで、

ずんずんさんの元にも、女上司がそんな新入社員を紹介しに来ました。

女上司「ずんずん、新入社員の後輩雄君。これから三ヶ月、研修でうちに配属になるからよろしくね」

後輩雄「後輩雄です!よろしくお願いします!」

後輩雄君はきらっと輝くように笑います。

女上司「後輩雄君は、シンガポール育ちなんだっけー?」

後輩雄「あ!そうです!小さい頃は日本だったんですけど、中学生の時

親の仕事の都合で、シンガポールに住んでいました!でも大学はアメリカの西海岸ですけどね!」

新 型 エ リ ー ト !!!!!

ずんずんさんは後輩雄君の経歴を聞いて衝撃を受けました。

聞けば後輩雄君は、日本語、英語、中国語の三か国語話せると言うではないですか。

しかもアメリカの西海岸の大学を出ているというのです。

西海岸って、右だっけ!?左だっけ?!

ぐるぐるあーすで調べている場合ではありません。

彼の様な人間が将来の日本を動かして行くのだと、ずんずんさんは確信しました。

自分より優秀でさわやかな青年をどうするか?

しばらく考えた後、ずんずんさんは心の中で指を鳴らしました。

そうだ、子飼にしよう

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分より優秀な後輩、部下って嬉しいですよね。

ただ経験が少ないため、手間がかかる事は確かです。

自分が教えれば教えるほど、優秀な相手はどんどんと吸収し、成長していく。

これを恐怖と捉えるか、

頼もしいと思うかは本人次第です。

ですが、どんなに優秀な後輩でも

舐められたらおしまいです。

手間ひまかけて育てても、最後にはあなたをないがしろにするようになるでしょう。

考えてもみてください、

なぜお局様があんなにも威圧的なのか?

それはあなたに舐められないようにするためです。

でも、だからってお局様と同じ事をしたら、

あなたもお局様の仲間入りになってしまいますよね?

では、舐められないためにはどうするか?

というよりも、子飼にして

尊敬されて一目おかれる

素敵な先輩になる方法を考えていきましょう☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、後輩に尊敬されて一目おかれる為にはどうすればいいか?

「あなたといるとメリットがある」

と思わせる、

これが重要になります。

メリットというと難しいですが、つまりは

「この人と一緒にいると、なんか良い事がある」と、

お得感

を感じさせる人材になる事です。

これには、

①興味

②報酬

③性

の三点を刺激する事が重要になります。

①興味は、

「この人がくれる仕事をやれば、自分が成長できる、経験が増える、新しい知識が増える」

という知的好奇心を刺激することです。

この好奇心が強いほど、良い部下、後輩だと私は考えています。

②報酬は、

そのまま、仕事のお給料です。

これが多ければ多いほど、①の興味がなくてもなんとかなります。

あなたが直接給料を左右することはできなくても、

たまには、ごちそうしてあげる、お菓子をあげる。

そう言った形で日頃の感謝を示してあげるのが良いでしょう。

③のは、

なかなかきわどいところですが、

男の部下なら女の子と組ませてあげる、女の部下なら男の子と組ませてあげる。

デパートの婦人服売り場は女性の店員さんばかりですが、

なぜか一人だけ若い男性がいたりしますよね。

これがなかなか侮れないモチベーションマネッジで、

できるなら男女混合チームで仕事をさせてあげるのがいいでしょう。

そして、この3点をふまえた上で、

一番大切なのは、

褒めてあげること

です。

自分だって褒められてたら嬉しいですよね。

優しく教えて、

褒めて育てて、

お得感を刺激する

これで尊敬される先輩の座をゲットしていきましょう!☆

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

三ヶ月の研修を終え、後輩雄君が違う部署に研修に行くことになりました。

後輩雄「ずんずんさんには色々教えてもらって、お菓子も沢山もらって...」

後輩雄君は心なしか寂しげです。

ずんずん「いいのよ、後輩雄君には色々手伝ってもらって私も助かったよ~」

しめしめとずんずんは思いました。

三ヶ月間の成果が出たようです。

後輩雄「ずんずんさん......俺、営業配属になるんで、

社内の情報とか色々持ってきますね!

今後ともよろしくお願いします!」

ずんずん「お、おう!!;;」

さすがは、新型エリート後輩雄です。

自分がお得な人材と思わせるテクニックをあっという間に盗んでいたようです。

ずんずん「まぁ、後輩雄くん、今度合コンとかしようよー」

後輩雄「あ、それはべつにいいです」

ずんずん「えっ」

後輩雄「俺、ロリコンなんで」

ずんずん「えっ」

後輩雄「えっ?」

後輩の意外な性癖を知って、

ずんずんさんと後輩雄くんが、

仕事を越えた友情を築くのもそう遠くはないのかもしれません☆

☆おしまい☆