読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

実録!お局様とのトーク集

コラム50本ノック

月曜日です!!

ずんずんさんの席はオフィスに来るたびに

もう!!いっその事!!殺して!!

と思っていました。

そう、ずんずんさんのデスクは

お局様さん

の隣なのです。

このお局様さんは、

ずんずんさんの会社に20年ほど勤めている

生き字引、いや

生き霊です。

彼女は『話掛けるだけで自律神経がやられる』と評判の女性でした。

お局様さん「あら、おそようさん、ずんずんさん」

とオフィスでずんずんさんより先に来ていたお局様さんは、

ずんずんさんを見かけるなり冷めた目でそう言いました。

ずんずんは「お、おはようございます!」

ずんずんさんはしまった!と思いました。

新人たる自分がお局様さんより遅れて来るなんて、言語道断!

二等兵としてあるまじき行為!!

というか「おそようさん」って何!?何なのその言語センス!!

バブル!?

そう思いながらもずんずんさんは「へへ...すいやせん...」となぜか江戸っ子っぽく応えながらデスクにつきました。

この程度でくじけてはいけません。

まだ月曜日なのです。

それにお局様の動かし方にもあった様に、

まずお局様を

愛する事...

から始めないといけません。

そう、コミュニケーションをしなければ行けないのです!

そう思い、ずんずんさんは脳内の

「お局様トーク集」

を開きました....。

-------------------------------------

年の離れた先輩というのはなかなか難しいものですよね。

何を話していいか。

共通の話題は何か。

迷いますよね。

でもそんな事は実は

どうでも良いんです。

年の離れた先輩は、話したいんです!!!

そんな相手には、「共通の話題」よりも「相手が話したい話題」を振って行きましょう。

人間だれしも話したがりです。

まず相手が話したい事を話させてあげて相手を気持ちよくさせてあげる事、

それが大切になります。

お局様と呼ばれている人たちはハードな攻撃力を持っています。

普通だったら人は人に攻撃する事はありません。

それは本人の性質にもよるかもしれませんが、人の性質は環境に左右されます。

現状の環境、それは会社だったり家庭だったり、自分自身だったり、夫だったり、子供だったり、

どれかしらに不満があって、

そのはけ口としてあなたを攻撃している場合があるのです。

そんな人には、まず不満を聞いてあげましょう。

愚痴を聞いてくれる人というのはありがたいものです。

そして、自分の好きな話だけを聞いてくれる人もありがたいものです。

というか相手は性格が悪いんですからそんな人もいないんですよ。

お局様の絶対無二の存在になって、信頼を勝ち取りましょう!!

****ちなみに、私がお局様系女性に有効だと思っているトーク集は以下の通りです。

もしもの時にご参考にしていただけると幸いです。****

①相手が既婚の場合

•子供の話

•夫の愚痴

•介護の話(年金問題含む)

②相手が未婚、または子供が居ない場合

•食べ物の話(美味しいレストランの話)

•ペットの話

•アイドルの話

ここら辺押さえておければなんとかなる!!!

共通事項は持ち物を褒める!!!

乙!

-------------------------------------

月日は流れ、ずんずんさんはお局様さんともなごやかにランチをできるようになりました。

それでもランチは命がけですが、

前に比べれば大したことありません。

お局様さんが言いました。

お局様さん「いやー、うちの娘がアイドルの

『ズニーズ』『木枯』

とかハマっちゃってて大変なのよー」

ずんずんさん「あー、やっぱり、ライブとか行きたがるんですかー?」

お局様さん「そうなのよー。もう、ファンクラブとかに入っちゃって。

それでもなかなかライブのチケットってとれないのよねー。

ずんずんさんもズニーズとか興味ある?

お局様さんはちらりとずんずんさんの方をみました。

こ、これは......!!!!!

ずんずんさんはゴクリとツバを飲みました。

お局様さんが何が言いたいかもう分かっています。

こ、このババア...!!

そうい思いましたが、ずんずんさんは意を決していいました。

ずんずんさん「あっ、そうですね!

私も一度ズニーズのライブに行ってみたいと思っていました!!

私もファンクラブに入るんで、

みんなで一緒にライブ行きましょう!!!!!」

ずんずんさんは

心の中で吐血しながら

こたえました。

あぁ、なんと言う事でしょう。

あーそうっすね、ぜんぜん興味ないっす。

と言えたらどんだけ楽な事か!!!

お局様さん「えーほんとー?助かるぅ。皆でチケット取った方が取りやすいって言うもんねー」

と心底楽しそうにお局様さんは言いました。

---------------------------------------------

後日、ずんずんさんはファンクラブの会費を振込に銀行に行きました。

日系の銀行の窓口には女性が沢山います。

この中で一体どんなドラマが繰り広げられているというのでしょうか。

私なんて....まだまだだな....

そう思いながら、無意味にコートの襟を立て、

ずんずんさんはアイドルグループ『木枯』の会費6300円(税込)を振り込むと

銀行を後にしたのでした...。

☆おしまい☆