読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

仕事は「やりがい」よりも「お金」でしょ! その2

はじめに

このお話はその1を読んでから読んでね!

↓↓↓

仕事は「やりがい」よりも「お金」でしょ! その1 を読んでみる

ずんずんのずんずん行こう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

4つ離れた28歳の兄が大体年収400万円。

今の自分が320万円、

自分が28歳になった時、そこまで年収をあげるのは無理じゃないかと、ずんずんさんは気づきました。

それでは、

自分が30歳になった時、一体幾らの年収

になっているのでしょうか。

ずんずんさんはブルッときながら、会社にいる35歳~40歳ぐらいの男性社員達を思い返しました。

なんてことでしょう。

みんな金の匂いがしない!!!!!?

ずんずんさんは驚愕しました。

もちろん、皆さんご家庭を持ち、郊外にマンションを購入され、幸せそうです。

手弁当を食べたり、週末はお子さんと遊んでいます。

ですが、自分が彼らと同じ年になった時、

彼らと同じ生活が出来るのでしょうか?

このご時世です。

給料が同じように上がっていく訳がありません。

良くて現状維持、悪くて今より下がる。

ずんずんのずんずん行こう!

爆発的に給料が上がるなど、無いんだとずんずんさんは気付きました。

今の給料で、結婚して、子供産んで....!?

そんな事が出来るのか?!

そして、ずんずんさんは家族の事を思い返しました。

父は、もうすぐ退職して年金生活

母はパートで働いています。

ずんずんさんが、結婚した場合、旦那さんにも親御さんはいらっしゃるでしょう。

きっと旦那さんもずんずんさんと同じぐらいの年収かもしれません。

世帯所得600万円で

ー自分

ー夫

ー子供(達)

ー年老いた両親×2

で食って行くってなに!?

子供に教育を与え、家のローンを払い、親の老後の面倒をみる!?

そんなの無理ゲーじゃん!!!

つまりは、無理なゲームです。攻略不能です。

しかも人生には便利なリセットはありません。

そして結婚すると言ってもどこに出会いがあるというのでしょうか。

というか職場おじさんしかいないし。

またまたぶるぶるっとずんずんさんはきました。

このまま、同じ場所で働き続けて、同じ人間関係の中、

新しい出会いなどあるのでしょうか?

あれ?

私の人生、大宮で終わるの?

いやいやそんなにホーム愛してねぇしYO!!

気分は何故だかラッパーの気分になりました。

まだまだ世界は広いのです。

見た事ないもの食べた事ないものがきっと沢山あることでしょう。

いろんな人にも出会ってみたいです。

どうしたらいいのだろう。

ずんずんさんは考えました。

あれ....?

もしかしたら

転職するしかない.....?

ずんずんさんはそう思いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人が転職しようと考える時、どういう時があるでしょうか。

①職場の環境に疑問(→こんなオフィス、こんな人間関係こんな上司いやだなぁ休みもとれないし)

②自分の将来性に疑問(→このままここに居ていいの?)

そして、

③自分の収入に疑問

この3つなのではないでしょうか。

反対に言えば、

・人間関係がよく(→職場環境が良い)

・勤務時間が少なく、休みが取りやすく

・やりがいがあり(→将来性と成長性に期待)

・給料が良い

ならば人は滅多に辞めませんよね。

というかこんな職場、

私にも紹介してください。

つまり働くにおいて、大切な要素というのは

①人間関係 ②余暇 ③やりがい ④給料

に4分類されます。

ここで突然ですが、あなたが100点持っているとします。

この100点を①~④に何点づつ振り分けますか?

人間関係に重きを置くなら、

①人間関係 40点

②余暇   20点

③やりがい 20点

④給料   20点

と言ったところでしょうか。これなら他が低くてもしょうがないですよね。

人間関係は良く、でも仕事はちょっと厳しくて、お給料はそこそこ。

なんとなく大手メーカーのイメージに近いのではないでしょうか。

逆に、お給料に重きを置くなら配点は

①人間関係 20点

②余暇   20点

③やりがい 20点

④給料   40点

と言った所でしょうか。

人間関係は悪くて、余暇も取れない、やりがいは無いけど、その分、給料は高い。

ちょっと嫌ですね.....

他の配点を増やしたいところです。

しかし、これは持ち点100点そのものが増えなければ、配分も増やす事ができません。

つまり、あなたの器が大きくならなければ点数は増えていかないのです

点数を増やしていく、器を大きくするとはどういう事でしょうか。

あなたそのものの価値を増やすという事です。

価値を増やすとはどういうことでしょうか。

長くなったのでつづきます☆