読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

2.人材紹介会社はアテにならない

職歴3年未満なんですが転職したいんです

前回までのあらすじ

色々あって、大宮のOLずんずんさんは丸の内OLになろうと決意した。

この物語は、実在するずんずんさんおよび人物、団体等とは無関係であり、完全なフィクションです。

はじめに1 はじめに2 はじめに3

職歴3年未満なんですが転職したいんです

を読んでから読んでね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「あなたに紹介できる職はありません」

ずんずんさんは、人材紹介会社の面談で、転職コンサルティングの人にいきなりそう言われました。

ずんずんさん「え....!?えぇ!?」

ずんずんさんが困惑していると、コンサルティングの人は続けます。

「まだ、3年も会社にいないんでしょ?この経歴じゃ、紹介出来る仕事なんてないですよ。今の会社に居た方がいいんじゃないですか?」

そりゃないで!!!萬田はん!!!!!!

ずんずんさんは心の中で叫びました。

人材紹介会社って、上げ膳据え膳で自分にぴったりな職を見繕ってくれる、そんな所じゃなかった!?

なんという事でしょう。

ナニワの金融道も厳しかったですが、大宮の転職道も厳しかったのです。

職歴や経歴が足りないのはずんずんさんも十分に分かっています。

でも

人材紹介会社に行ったらどうにかなるかな?

と思ったのが馬鹿でした。

「んまぁ....未経験なら、派遣から始めて、成果次第で正社員採用という案件ならありますが...」

と、面倒くさそうにコンサルの人は今よりお給料の低い仕事を薦めてきます。

確かにキャリアアップを目的にするなら、派遣社員から始めるのも悪くはありません。

しかし、成果次第で正社員採用という曖昧な基準です。

どうせ手間暇掛けて転職するなら、

1銭でも多く稼げる所に行かなきゃいけません。

人様が自分の為にお金を持ってきてくれるなんて、そんな都合の良い事が起こるはずもありません。

他人に頼ろうとした自分が馬鹿でした。

ずんずんさん「もう結構です!!!」

ずんずんさんはブチ切れると、人材紹介会社を後にしました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

転職で、よく人材紹介会社を利用するケースが見受けられますが、

人材紹介会社は、当たり外れが多いものです。

転職コンサルティングの人たちは、プロフェッショナルです。

あなたのキャリアを筋道を付け、その先を見据え、

ふさわしい職を紹介してくれる....

そんな美味しい話があったらいいのに......

人材紹介会社もビジネスです。その収入源は色々ありますが、

あなたを会社に紹介して、無事採用された際の年収の何割かを手数料としてもらう、

という場合が多いです。

つまり、

お前が高値で売れないなら俺、頑張れない

そんな感じです。

時間をかけてもリターンが少ない人材には労力を裂きません。

反対に、会社から見れば、人材紹介会社から紹介された人材を採用すると、

手数料を払わなければいけません。

そのため、有名どころの企業では、人材紹介会社を利用しないで、

会社の求人へ直接応募してくれた人には、

その手数料分内定者に払ってくれるという事を行っていたりもします。

つまり、会社側から見れば直接応募の方がコストが掛かりません。

そのため、

どうしても入りたい会社を見つけたときは直接応募する方が、

採用されやすいのです。

もちろん人材紹介会社にも良い所があります。

あなたが面接でしくじった時、職務経歴書が不味い時、

そう言った時に会社側にフォローを入れてくれます。

利用するメリットは十分にあります。

ただ、

あなたという原石は誰も磨いてはくれません。

自分がどうなりたいか、

どんな風に稼いで行きたいか、

自分で考え、伝えなければ、転職コンサルの人もお仕事を紹介できません。

もちろん採用してくれる会社も、あなたが何を持っているかなんて分かりません。

それをどう伝えていくか?

それは次回書いて行く事にします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まったく、人材紹介会社ってのはアテにならないのね!!

ずんずんさんは家に帰ると、自分の実力の無さはとりあえず棚に置いて、憤りました。

やっぱり、自分の仕事は自分で探さなきゃ!!!

そう思い、初心に返って、転職サイトで求人を探し始めました。

ん....?

先週までなかった求人がそこにはありました。

外資系生命保険】

 -マーケティング ジュニア アシスタント 募集

 -所在地 東京 丸の内

 -年収 ~550万円

な、なななななな!?

何だ!?この求人は!?

次回!恋する私の職務経歴書 につづく!