読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

本を出す事になったよ☆

時はつれづれ、世は情け。

こんな人生もうごめんだ!モラトリアムひゃっほー!!

と、シンガポールにやって来たずんずんさん、

いきなり財布をなくすなど

無一文海外生活を過ごす事になりましたが、なんとか生きております。

人間って海外で無一文になっても生きていけるんだね!

ずんずん、覚えた!(※よいこはまねをしないでください)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さてはて、物語は少し昔に戻ります。

ずんずんさんがうだつのあがらないOLをしていた頃のお話です。

ずんずんさんは、ある日一通のメールを受け取りました。

そこには、

中経出版編集の根露と申します。ずんずんさんの

クリエイティブでアメージングな作品

を拝見しましてどうのこうの、

一度出版の企画のお話をさせていただけませんでしょうか』

と書いてありました。

それを読んだずんずんさんは、驚愕しました。

な、なにこのうまい話!!

あ、あたし、何も持ってないわよ!!

あ!貯金ならあるけど!!

そう思ったずんずんさん、

あわよくbarを狙い、のこのこと編集さんに会いに行く事になりました。

待ち合わせのファミレスに入るとそこには、

可憐なお嬢さん編集さんが座っていたのです。

編集さんはおっしゃいました。

ずんずんのずんずん行こう!

///編集の根露さん///

ずんずんさんの担当の編集さん。スペック→寝てない

漫画!?

漫画!?

ずんずんさんは衝撃を受けました。

脳裏にはオタクで漫画ばかり描いてキモイと言われていた

中2の頃がフラッシュバックします。

ですが、ずんずんさんはもう中2ではないのです。

れっきとした大人で、レディなのです。

気づくとずんずんさんはこう答えていました。

ずんずんのずんずん行こう!

そう、ずんずんさんには

「とりあえず仕事は何でも受けてしまう」

そんな癖があったのです...。

--------------------------

と、いうわけで、

中経出版様から、

12月3日

私の初めてのエッセイ漫画、

外資系はつらいよ」

が発売される事になりました!!わー!どんどんぱふぱふ

びっくり!勤勉にオタクをやっていたら本が出せるなんて...!?

人生何があるか分かりません...

このブログでは発売まで、

この本の紹介と、本ができるまでをご紹介します!

しばらくの間おつきあいくださいませ~☆

☆つづく☆