読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

なれる!駐妻! その1

シンガポール紀行

こんちこれまたずんずんです。

いまシンガポールでぷらぷらしてるのですが、

フォロワー様の中では

「ずんずんさん、シンガポールに居るとか言って、

実は高田馬場あたりの木造アパートで引きこもってるんでしょ?

と疑っている方もいらっしゃるみたいなので、

今日は私がシンガポールで撮影した写真をアップしておくよ!!

ずんずんのずんずん行こう!

ふう....。

今日も高田馬場ハイツシンガポールからお届けします!!!

ーーーーーーーーーーーーーー

さてはて、ここはハイツシンガポール

モラトリアムひゃっほー!とシンガポールにやって来て、

語学学校へと通うずんずんさん。

そこには一人の品の良い日本人のご婦人がいらっしゃいました。

その方のオーラ

「これはただ者ではない!」

と思ったずんずんさんは、失礼とは思いつつ

彼女の職業

を聞いてみました。するとご婦人はこう答えました。

ご婦人「え?私?私は何もしてない人なの」

ずんずんさん「!?」

ニートという事でしょうか。

いえ、ニートとはずんずんさんの事です。

困惑するずんずんさんにご婦人は続けました。

ご婦人「旦那さんのお仕事の都合シンガポールに来たのよ~」

!!!!!!!

ずんずんさんは確信しました。

彼女は

駐妻

だと...。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今やアジアの中心都市として発展しているこの都市国家では、

日系企業も数多く進出しており、それに伴い多くの日本人が暮らしております。

もちろんその中には沢山の駐妻さんもいらっしゃいます。

駐妻さんとは駐在妻の略です。

旦那様が日系の商社等にお勤めであり旦那様のシンガポールへの転勤に伴い、

一緒にシンガポールへといらっしゃった専業主婦の方の事を総称してこう言います。

この駐妻さん、

「旦那の金で外国暮らしなんて良い身分じゃねぇか!!」とキャリアウーマンから罵詈雑言が聞こえて、

あ、いけない、間違っちゃった☆

この不況の世、海外に住めるなんて!

と多くの女性の羨望を集めています。

出来るなら、

なりたいですよね?駐妻。

駐妻になる素質とはなんなのでしょうか。

次回につづきます。

ーーーーーーーーーーーーー

駐妻あるある①

$ずんずんのずんずん行こう!

$ずんずんのずんずん行こう!

$ずんずんのずんずん行こう!

シンガポールはこんな国じゃないよ!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ずんずんさんの初めてのエッセイ漫画「外資系はつらいよ」は

中経出版様から好評発売中だよ☆

外資系はつらいよ OLずんずんが見た資本主義帝国♪の全貌/中経出版

¥1,000

Amazon.co.jp