読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

恋の公式ABC!?

恋愛コラム

東南アジアのほぼ中心、赤道直下の常夏の国、シンガポール

この国の銀座と呼ばれるオーチャードという街で、2人の

愛くるしいジャップガール

が住んでいました。

1人はずんずん、もう1人はぽこちゃんと言います。

2人ともイケイケどんどん米系ヘッジファンドに勤めていました。

この物語はこの異国の地で偶然出会った2人の日本人女性が、

バブル感あふれる好景気のシンガポール

運命の人と出会うまで、

愛と感動とスペクタクルロマン的物語に

…なる予定です。

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

登場人物紹介

ずんずんさん

自称27歳、日本生まれの日本育ちのメイドインジャパン

米系ヘッジファンド勤務。会社の備品とか好きです。

ぽこちゃん、

25歳、アメリカ生まれのアメリカ育ちの日本人。

ずんずんの同僚にしてルームメート。会社の備品はそんなに好きではありません。

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

それはある日の夜のお話です。

ぽこちゃんが、リビングルームのテーブルで、名刺を並べて難しい顔をしておりました。

ずんずん「どうしたの?ぽこちゃん?仕事関係の名刺?」

家に帰ってまで仕事のことを考えているなんて偉いわ!ぽこちゃん!

社畜の鏡よ!

と思いずんずんが話しかけると、ぽこちゃんはこう答えました。

ぽこちゃん「いや、違う。今デートしている相手の名刺

ずんずん「すげえな!!お前!!;;」

見るとテーブルに6枚の名刺が並んでいます。

ずんずん「ふぇぇ、すごいね。ぽこちゃん。もてもてだね」

ぽこちゃん「うーん、でも全員これと言った決め手がなくて。誰と付き合えばいいかわからない

ずんずん「全員と寝ればいいんじゃねぇの?」

ぽこちゃん「いやよ、まんまん痛くなっちゃうじゃない」

ずんずん「確かに

その時です。

ずんずんの灰色の脳みそに流星のごとく、ひらめきが生まれました。

ずんずん「ぽこちゃん、ちょっとまってて!!」

ずんずんはそういうと自分の部屋にとびこむと

ガラガラとホワイトボードを引きずってきました。

ぽこちゃん「ちょ!!!?どうしたの?そのホワイトボード!!」

ずんずん「会社で余ってるからもらってきた!!!些細な話よ!!

ぽこちゃん!これよ!この公式よ!!この公式にのっとって

誰と付き合うか決めればいいのよ!!

そういうとずんずんは会社からぱくったホワイトボードにその公式を書き始めたのです。

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

この人が好きなのかしら?

本当にこの人でいいのかしら?

誰でも迷うときってありますよね。

恋愛も人間関係、人間関係には確証はありません。

ただ友達関係に対して、傷つく場合も多すぎるし、労力も時間も使います。

ぽこちゃんのケースは特殊な場合ですが、

あなたが意中の相手とデートするか、

関係を続けていくか迷ったときに

この公式で恋心を定量化してみたらどうでしょうか?

恋心=ルックス×収入×将来性

各項目は100を最大値とします。

この各項目の数値を

決めるのはすべて

自分のインスピレーションです。

つまり

「あぁーん、ほんとに彼のルックスが大好き!だからルックスはうーん?80ぐらい?で、いまは収入はちょっと低めだから50ぐらいかなーでも将来性はあるし!!将来性は100!!!つまり私の恋心は40万点!!

あれ…以外と低い・・・?」

などと、使うことができます。

年老いることも財産ですが、若さも財産です。

自分があまり心惹かれない相手に時間を費やして、

心と自分の時間を浪費するのはやめましょう。

迷った時は、この公式です。

お遊びがてら、友達と一緒にやってみると楽しいからやってみてね!

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

ぽこちゃん「すごい!!すごいわ!!ずんずん!この公式で全部解決よ!!

ずんずん「はは、良いってことよ」

ぽこちゃんに褒められたずんずんはいい気持ちになって、

公式を書いたホワイトボードをごろごろとお部屋に戻しにいきました。

そして自分のお部屋の机に座ると引き出しから一枚の名刺を取りだし、

かたかたと電卓をたたきました。

ずんずん「私の恋心は…20万点か…低いねぇ・・・」

そういって、ずんずんは名刺をまた机の引き出しにもどすのでした。

☆おしまい☆