読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

人生お悩み相談:いつも人間関係がつくれない

こんばんは、ずんずんです。

今日は sanziさんからのご相談です。

長文メールがきたよ・・・!

その熱意には応えなければならない…

これで7月25日までのご相談には全部回答しているはずです。

漏れてるよーという方がいましたら(ごめんなさい!)、メールで督促してくだちぃ。

----------

はじめまして、ずんずんさん。

外資系OLから知ってこのサイトを知り、

いまではすっかりずんずんさんのファンです。

30代半ばの医療系で勤めている女子(女子?)です。(not 医者)

全般的にうまく人間関係を作って維持する事が全く出来ません。

1)職場ではほぼ同じ事務所で働く人たちとの人間関係(20代~30代女子)になじめません。

2)異性との関係で深い関係になろうとすると精神不安定になります。

気にならなくする、もしくは改善する方法ありますでしょうか。

詳細:(2)について

異性との関係で、相手と例えば何の感情もない普通の間柄ならば、話をしていても問題ないのですが、これが恋人関係とか結婚を前提に付き合おうとかいう話(もしくはそんな感じの雰囲気になると、)途端に不安で不安で仕方がなくて息苦しくなります。

(不思議なもので自分が追っかけている側、好意を持っているとそういった事はおきません。

まあその場合彼氏彼女の関係がなりたたない事がほぼ全て。というか出来たことないのですが)

過去の話:

思えば、生まれてから今に至るまでまともに築いて存続出来ているのが、両親をのぞいて大学時代の知人一人のみの状態です。

(兄弟いますが一緒に暮らしてた時は、相手のわがままが嫌で嫌で、仲がとても悪かったです。今は離れたので誕生日プレゼントぐらいなら送り合えますが)

学校では小中高まではうまく人間関係が成立・もしくは存続できず、ほぼ孤立してました。

小中までは勉強出来てたのでなんとか心が折れなかったのですが、勉強についていけなくなった高校時代が最悪で後一歩で登校拒否になる所でした。

----------

人間関係が維持できない…?

あなたは私?

う、うーむ…参ったぞ…こりゃ根深い問題だわい。

どのぐらい根深いかというと、

三流大学のOLがラッキーパンチで外資金融に転職し、

シンガポールに移住して、コーチングをうけるぐらいしか

解決方法がないじゃないかって…

そんな絶望感にまで襲われました…。

ちょっと詳細が書かれていないので申し訳ないのですが(1)はお答えできません。

しかしながら(2)についてですが、

深い関係になると情緒不安になり、

自分が追っかけている側だとそんなことはない

とあることから相談者様は

責任感のある恋愛

から逃げているのかな、と感じました。

深い関係になると責任が伴います。

結婚するとなればなおさらです。

これからの長い人生を伴侶といっしょに一緒にクソみそ言いながら過ごしていかなければいけないのです。

もしかしたら、この人と結婚してもうまくいかないかもしれない、

結婚したとしても何か傷つけられるかもしれない…

こういったものも伴っていきます。

そんなものが欲しくないから情緒不安になる。

自分から恋愛を壊す行動をする。

あなたにとって、

自分が追っかけている恋愛は最初から成就しないと分かっているので、

エンターテイメントに過ぎないのかもしれません。

なぜ踏み込めないのか?

なぜ責任が欲しくないのか?

なぜ不安ばかりが襲ってくるのか?

もしかしたら

これは本当に予想ですが

誰かと深い仲になってしまったら

何かを失う

と心のどこかで思っているからかもしれません。

または相手を試そうとしてるのかもしれません。

情緒不安になった時の自分の行動を思い返してみてください。

そこにヒントがあるはずです。

と言ったところで今日は失礼します☆

☆☆☆お知らせ☆☆☆

未婚のずんずんさんの新刊はこちら!

↓↓↓

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を行き抜く人たちの仕事の習慣/KADOKAWA/中経出版

¥1,404

Amazon.co.jp

ブログのネタに人生相談なんかも募集中であります。

お返事はブログに公開される形でして、

公開されてもいいよーというガッツと気迫のあふれた方からのご応募お待ちしております。

応募はこちらをクリック

↓↓↓

人生相談

あと、ブログで新刊の書評を書いてくださった方がいらっしゃいましたら、

これまたこちらのブログで紹介させていただきたいので、こちらからご連絡いただけると嬉しいです。

応募はこちらをクリック

↓↓↓

書評書いたよ

よろしくね☆