ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

人生お悩み相談:俺たちのアク○ンチュア

今日のご相談は退職RTAマンさんからです。

---------

ずんずんさんはじめまして。

私は退職RTAマンと申します。27歳男です。

東洋経済の連載記事からブログに誘導されてまいりました。

私は情報系の大学をストレートで卒業後、同じ学校の大学院を2年で中退し、技術営業になるために日系SI企業に新卒枠で就職しましたが、テレアポ/飛込営業の部署に放り込まれ2年活動すれど鳴かず飛ばすだったため、営業なんてクソ食らえと思い、転職活動を行っておりました。

現在は外資系コンサルの第二新卒枠エンジニアの内定を獲得し、これから退職交渉を行うところです。

さて、以前ずんずんさんのブログで「全裸転職ならコンサルの第二新卒、つまりはアク○ンチュアだ!」と書かれているのを拝見しました。

そこで、別にアクセン○ュアに内定してからそこがどんな会社なのか知りたいわけではないのですが、コンサル第二新卒枠にアクセン○ュアを挙げられた理由を教えて下さい。

別にア○センチュアに内定しているわけではありませんが、キャリアチェンジする者へのアドバイスとしてお答えくださると幸いです。

それから、新刊拝読いたしました。

外資系企業がどんなところなのか、外資系を卒業した方は卒業後どうすることが多いのか、非常に参考になりました。

女性ではないのでしゃぶしゃぶあーんは実行できませんが、いつの日か農業することを夢見て金を稼ごうと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

---------

やっぱり男は黙ってアクセ○チュアですよね!!!

いや、私、アクセ○チュアを馬鹿にしているわけでも、アクセンチュ○が嫌いなわけでもないんですよ。TEDトークで、キャロライン・ケイシーの「限界の向こう側」というそれはそれは素晴らしいスピーチがあるんですけど、このスピーチの中でも、日本語訳ではグローバルコンサルティングファームって訳されてるけどどう聞いても『I love アクセ○チュア!アクセ○チュア!』って言ってるぐらいそれはそれは素晴らしい会社だと思うんですよ。

でもまあ大量採用と大量解雇を繰り返しているというイメージがどうしても強くて、上流に行けなかったコンサルたちが野に放たれ

「俺、元アクセンチュア

とキランっと前歯輝かせて、

え?それで今の会社名は?ねぇねぇ今の会社名は?

って聞いて自尊心つぶしてやりたい気持ちをぐっとおさえるこっちの気持ちになってほしいんですよ。ただそれだけなんですよ。

でもコンサルって大変そうですよね。

コンサルは始まりであって、それからどうしたいか考えなきゃいけない。

これはどの職種でも同じだとは思うんですが、

コンサルという傘の下は一時の寄合にしかすぎず、

それがみんな分かっているので、団結力も強いのかな?って思ったりもします。

エンジニア採用でもぜひ、コンサル風を吹かせてください。

グローバルコンサルティングファームよ、永遠あれ!

ランキングに参加してるよーぽちっとお願いします!

↓↓↓

人気ブログランキングへ

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

コンサルはなしで、そんなずんずんさんの新刊はこちら!

↓↓↓

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を行き抜く人たちの仕事の習慣/KADOKAWA/中経出版

¥1,404

Amazon.co.jp

ブログのネタに人生相談なんかも募集中であります。

お返事はブログに公開される形でして、

公開されてもいいよーというガッツと気迫のあふれた方からのご応募お待ちしております。

応募はこちらをクリック

↓↓↓

人生相談

掲載の基準はローカルルールをご覧ください

あと、ブログで新刊の書評を書いてくださった方がいらっしゃいましたら、

これまたこちらのブログで紹介させていただきたいので、こちらからご連絡いただけると嬉しいです。

応募はこちらをクリック

↓↓↓

書評書いたよ

よろしくね☆