読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

人生お悩み相談:何をモチベーションに働けばいいのか?

こんにちは、ずんずんです。生きてますよ…生きて…。

田村由美先生のBASARAにわが軍勢は行く手を阻まれています。

Basara (1) (別コミフラワーコミックス)/小学館

¥409

Amazon.co.jp

つまりは相変わらず漫画を読んでいます。

漫画が好きすぎるんですが、どうしたら?

さてはて、今日は

婚活した方がいい?さんからのご相談です。

--------------

ずんずんさん、こんにちは。

ずっとブログやTwitterなど楽しく拝見しております。

現在26歳、外資医療系メーカーの営業をしています。わたしの悩みは

『何をモチベーションに仕事を頑張ったらいいか分からない』

ということです。

新卒で東京の零細企業に営業職として入社し、経営不良に不安を覚え3年目にいまの会社に転職しました。

人も環境も一変しましたが、転職したことはキャリアアップにも繋がり、所得も増えたので納得しています。

ですが、見知らぬ土地で出会いもないし仕事しかすることがなく、このままでいいんだろうか、わたしそもそもなんでここにいるの?と最近よく思います。

外資なので結果が出た分はインセンティブが貰えますが、お金もらえてもひとりだし。。誰のために何のために稼ぐのか?目標がないので意欲も沸きません。

ずんずんさんはお金を稼ぐのは、家族のためですか?

モチベーションがない、分からないときはどうしたらいいでしょう?

いまのままの生活では結婚も出来ないし。

将来が不安で、パパを増やしてしまいそうです。。

--------------

パパを増やす…

パパを増やす?

パパって可算名詞だったのでしょうか、

学校では教えてくれない謎がまだまだ人生にはたくさんあるようです。

さてはて何をモチベーションに仕事を頑張ったらいいか分からないというお悩みですが、

ここで、以前私が聞いた会社の超偉い人のスピーチをちょっと引用させていただきたいと思います。

この会社の超偉い人は、どのぐらい偉いっていうとロイターニュースには出てこないぐらい偉いんですけど、この人がある日会社でスピーチを行ったんですね。

偉い人っていつもスピーチしてて何そんなに語りたいねんって思うんですけど、我々のような下々の者を啓発するために、こうやって尊い方がお言葉をくださるんだとおもっていますまる。

さてはてこの偉い人、スピーチの後の聴衆からの

働くモチベーションはどうやって維持しているのか?

という質問に対して、こう答えました。

自分を裏切らないため、

そしてチームのメンバーを裏切らないために

私は常にベストを尽くす、それだけだ

これを聞いてすごいなって私は感じたわけです。

なにがすごいって、大体会社の同僚なんてクソじゃないですか。

自分が死んでも泣かないんじゃないかこいつらはって思うじゃないですか。

その同僚を失望させたくないために働くってすげぇ事だな、

すごい良い人間関係を築いてるなと思ったわけです。

いい人間関係があれば働く事も楽しくなります。

相談者様もまず婚活の前に自分の人間関係を見直すことからはじめたらいいんじゃないでしょうか。

パパは確かに可算名詞で増えれば増えるほどおいしい思いも出来るでしょう。

責任感の無い人間関係と甘えるだけの関係って楽ちんですよね。

しかし人間関係は「エクスチェンジ」=「交換」です。

貴女は受け取るだけではいけません。相手には与えなければいけないのです。

あなたがパパに今与えているのはきっと「若いころの時間」なのかもしれません。

お金を使う事なんていくらでもありますよ。

家族と旅行に行くのもいいですし、同僚とゴルフを始めたり、スキューバをしたり、学生時代の友人と旅行したり、新しいサークルに入ってみるのもいい。

そうすると自然と出会いも増えてくるかと思います。

人とつながるために仕事をしてみる。

そんな考え方もありかもしれませんよ。

ランキングに参加してるよーぽちっとお願いします!

↓↓↓

人気ブログランキングへ

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

同僚と週末サイクリングに行く羽目になってるずんずんさんの新刊はこちら!

↓↓↓

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を行き抜く人たちの仕事の習慣/KADOKAWA/中経出版

¥1,404

Amazon.co.jp

ブログのネタに人生相談なんかも募集中であります。

お返事はブログに公開される形でして、

公開されてもいいよーというガッツと気迫のあふれた方からのご応募お待ちしております。

応募はこちらをクリック

↓↓↓

人生相談

掲載の基準はローカルルールをご覧ください

あと、ブログで新刊の書評を書いてくださった方がいらっしゃいましたら、

これまたこちらのブログで紹介させていただきたいので、こちらからご連絡いただけると嬉しいです。

応募はこちらをクリック

↓↓↓

書評書いたよ

よろしくね☆