読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

人生お悩み相談:上司がトラウマになってしまいました

寄せては返す人生お悩み相談、今日は会社人生悩み中さんからのご相談です。

なになに上司がトラウマになってしまっただと…?あるよねーあるよねー…

 

☆彡☆彡☆彡 ☆彡☆彡☆彡 ☆彡☆彡☆彡

 

はじめまして。
東洋経済オンラインで、ずんずんさんのことを知り、ファンになりました。

今、外資系の某CROに勤務しています。医薬品の開発業務に関する仕事です。内資系の会社に2年務め、今の会社に務めて2年経ちました。

甘ったるい悩みなのですが...
転職して1年目に配属されたプロジェクトで、上手く立ち回ることができず、そのときの上司がトラウマになってしまいました。
経験者なのにこんなことも出来ないのか?、未経験の方が上手くできてるのに、君はなんで出来ないのか?、会社辞める気ある?と半年間言われてきました。運よく、配属が変わって、その後の接点はないのですが...
今の上司に不満はないのですが、今のプロジェクトが終わるため、次のプロジェクトを決めてもらわないといけなくなりました。
転職1年目のプロジェクトと上司がトラウマになってしまい、次のプロジェクト先がまた同じような環境になったらと思うと不安で、次の行き先について、今の上司と喧嘩をしてしまいました。
会社にいる限り、上司は選べないのは理解しているのですが、どうやって、トラウマを克服したらよいか教えてください。
どこの会社もそうですが、絶対評価とみせかけて、相対評価のため、直属の上司に気に入られるかでお給料も評価も変わります。
今期中間分は悪くないはずなので、残り半期を下げないように上手く立ち回りたいと思っているのですが、中々できず、悩んでおります。

 

☆彡☆彡☆彡 ☆彡☆彡☆彡 ☆彡☆彡☆彡

 

上司が怖い

痛いほどわかります。

私も過去、上司が怖すぎて、見つめあうと~♪自律神経がやられて~♪おしゃ~べ~り~できぃなぁい~♪パワハラ上司だと気づいてたOH YEAH! ♪

みたいな感じでした。でもこれって本当に仕事に支障がでますよね。
なんせ、上司の前で挙動不審になってしまうのですから、
いつもはなんてこともなぜか、失敗してしまったりしますよね。

そこで私は、コーチングを受けたり、過去に上司をオタサーの姫だと思ったりしたら事態が劇的に改善しました。

 

zunzun428blog.hatenablog.com

 

 

あと、ずんずんさんの新刊にも上司とどうやって接したらいいかが書かれています。
さあ買え、今すぐ本屋に走るんだ。

www.amazon.co.jp


しかし、本を出すという行為は不思議なもの…最初は「これで田園調布に家が建つぜ!」と思うんですが、あとになって「せめて編集さんに迷惑が掛からない程度売れて欲しい…(伏し目)」という気持ちに変わっていきます。迷惑がかからない程度売れて欲しい…(伏し目)

さてはて、それはおいておいて、
トラウマになった上司ですが、別にこの上司は悪いことは言ってないんじゃないかな?
と思いました。
経験者なのにこんなことも出来ないのか?、未経験の方が上手くできてるのに、君はなんで出来ないのか?、会社辞める気ある?と半年間言われてきました。
発言だけ見てみると、この上司のアウトプットの方法は非常に悪いですが、

言っていることは事実で
ただひたすら、あなたが上司の要求レベルを満たしていないことを伝え続けています。
彼の口が悪いのは、
そのほうが、あなたにとって一番効果的(※一番精神的にダメージを受ける)と彼自身が感じたからでしょう。
上司は何故そんなことをするのでしょうか。
答えは簡単です。

あなたが生意気で、無能なくせに上司の言うことを聞かないからです。

だから攻撃してきます。

この攻撃を止める方法は2つあります。
あなたが「どんな酷いことを言われても私はもう傷つかないので、その手は通用しませんよ」と毅然とした態度を取ること
そして、上司の期待はなにかを常に考えてみてください。

確かに上司はトラウマになったかもしれません。
ですが、自分の中にある強大なエゴと向き合うチャンスであり、
相手より優位な立場でありたいと知らない間に思っている自分がひょっこりと出てくるかもしれません。

これに気づけば、トラウマはトラウマではなくなるでしょう。

☆彡☆彡☆彡 ☆彡☆彡☆彡 ☆彡☆彡☆彡

これにて、ブログでのお悩み相談はお休みさせていただきます。今まであんなこと、こんなことあったよね。メールくださった皆さまにお礼申しあげます。

ずんずんさんへのファンレターや、本の感想、寄稿やコーチングのご依頼はこちらのメールフォームまでお願いします☆彡
↓↓
メールフォーム