読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

上司をオタサーの姫だと思うことにした

私の上司って怖いんですよね。

女性なんですけど怖いっていうか、人間味がないっていうかマシーン?

いつも論理的に人を激ツメして、その知性を最大限に使って痛いところをついてくる。

しかも彼女は秘密主義でして、プライベートで何をしてるか一切話さないんですよ。そのため、結婚してるかも不明で、そもそも何人かもわからない。

 

なにこれ怖い。

 

まあいいんですよ。会社なんて仕事をする場所ですから。

プライベートを明かさないのもきっとその人の仕事のスタイルなんですよ。

でもね、やっぱ私なんか甘ちゃんなんで、ちょっと人間味ほしいなあって思ってしまうんですよ。

それでですね、出落ち感満載なんですけど、最近

 

上司をオタサーの姫だと思うことしたんですよ。

 

オタサーの姫っていうのは、はてなキーワードによりますと、

 

男性の割合が多い文化系サークル(オタクが集まるようなサークル)に存在する数少ない女性メンバー。サークル内では希少な存在であるため、圧倒的美女でなくともオタク男性メンバーに姫扱いされることから「姫」の名を冠している。

 

ということでして、もうね、うちの上司はオタサーの姫なんですよ。

しかも、ちょっと中二病こじらせちゃって秘密主義力こそがすべてって考えてる

 

オタサーの姫なんですよ。

 

そう考えますとね、不思議なもので、私も姫に仕える豚の気分になってきまして、

ことあるごとに、

 

「いけない!姫の手を煩わせたら!」

 

とか

 

「姫!我々のような下賤の民のことはお気になさらず、お帰りになってください!」

 

って考えるようになったんですよ。

その結果、なんか激ツメされても

 

「姫…私のようなものにお声掛けをしていただいて…なんて尊い(号泣)」

 

みたいな感じになってきましたね。これはおすすめですよ。

 

そんなことを友人に言いましたら、彼女はベンチャー企業に勤めておりまして、

ちょっとワンマン社長の下で働いてるんですね。

そんな彼女は最近、

社長を金の持った坊ちゃまと考え、

 

自分を坊ちゃまに仕える執事

 

と考えるようになったらしいんです。

そうすると、たとえば何か社長が業者さんに失礼な態度を取った時とは、

今まで「わあ…うちの社長は最低だなあ…」ってイライラしていたのが

 

「全く…ぼっちゃま、そのような子供じみた真似はそろそろおやめ下さい(ふーやれやれ)」

 

って考えられるようになったそうなんです。

これってすごくないですか?

オフィスにいるのにゾルディック家の気分ですよ?

いいな!私も執事になりたい!って思ったんですけど、

しばらくはオタサーの姫に仕える女騎士って気持ちで頑張りたいと思います。


-----------

 

ただいまケイクスで好評連載中!

cakes.mu

趣味はコーチングのずんずんさんの新刊はこちら!

外資系OLは見た! 世界一タフな職場を生き抜く人たちの仕事の習慣 (中経出版)

 

人生相談メールは随時お待ちしております~。

お返事はブログに公開される形でして、
公開されてもいいよーというガッツと気迫のあふれた方からのご応募お待ちしております!
応募はこちらをクリック(掲載基準はローカルルールをご覧ください)
↓↓↓
人生相談