ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

仕事の八割は根回しという話

それは昔々のお話です。

異動になったため、私は自分の仕事を新しく採用された人に引き継がなければいけませんでした。その新しく採用された人は中国人でありましたが、中国語のみならず英語と日本語が話せるというトリリンガルでありました。

その人に対して、懸命に英語で引き継ぎを行っていた私でしたが、私の英語があまりにもアレだったのでしょう。彼女はため息をついて「日本語で引き継ぎしていいっすよ」と言いました。バカにされたと思った私は悔しさのあまり、家に帰って5キロほどジョギングしました。腰を痛めました。

そうです、この中国人の新人は私よりも年上で、なかなか気の強い女でありました。自分の実力に相当な自信があったのでしょう。人に好かれようという態度が見受けられませんでした。引き継ぎをしていても「わかりますから」や「これはなんで私がやるんですか?」と言った具合に、ちょっと態度が上から目線でした。

それを元友人である香港人に愚痴を言ったところ、「そいつは文化大革命後に生まれた中国人か?」と聞いてきました。私は「え?年齢的にそうだと思うけど」と答えたところ、香港人はため息をついて文化大革命後に生まれた中国人はエゴイスティックなんだよ」といいました。なるほど、この感覚は我々が「バブルめ…」とバブル世代を憎む気持ちと非常に似ているかもしれません。なので、私は、この中国人の新人のことを心の中で文革さん」と呼ぶことにしました。

 

さてはてこの文革さん、後々わかるのですが、語学はできるけど仕事はできない女だったのです。

仕事って自分ができることを自分ができるように終わらせればそれで完了ってわけじゃないんですね。つねに「これでいいか」を周囲と上司たちとの調整同意形成を行って進めていくものなんです。つまり、人数が多い会社ほど根回し力が非常に大切になってくるわけです。

これって、別に誰かが教えてくれるわけではなく、体で覚えていくものでして、親切な上司でしたら毎回、個室で30分ぐらいたち説教して教えてくれるものかもしれません。うぐっ…うぐっ…(古傷が痛む)

 文革さんは、この根回し力が非常に下手でして、上司に確認せず自分が決めたことは全部正しいと思って仕事をすすめてタイプだったのです。

上司はそのため、自分の知らない間に色々なことが決まっており、ブチ切れまくっておりました。文革さんは上司に気に入られず、最終的に違う部署に飛ばされてしまい、私が元の仕事に戻されました。

 

-FIN-

 

終わっている場合ではありません。

なんか上司に理不尽に怒られてるな~とか何をしても怒られてるな~好かれてないな~と思っているなら、根回しが足りないのかもしれません。

上司、同僚、先輩によってアプローチ方法は違うのですが、その辺を考えずに

 

ありのままの私

 

でぶつかっていって生き延びられるのはアナ雪のエルザぐらいのものです。

お前はエルザか!?ちがうだろ!?モブなんだよ!!!

ゲームオブスローンズだったら開始2秒で、ギャー!ワ~!!って殺される通りがかりの農夫なんだよ!!!

 

警戒心が足りないと、文革さんみたいに大事故を起こすものです。

なので、ありのままの私でいるのをちょっとやめて、自分が考えていることが相手にとって望んでいることのなのかをちょっと考え、確認を常に行い、ダメだったら相手が何を望んでいるのかの同意形成して円滑に仕事を進めていってくださいね☆彡

 

同意形成ってどうやるんじゃーい!と思った今度の人間関係ワークショップで詳しくやるよ~。ボスマネジメントってどうやるの?と思ったらこちらのサイトを見てみてね☆

定員まであと少し~!よろしくお願いします!

peatix.com

 

ワークショップの質問、コーチングのお問い合わせはLINEかメールにて詳細教えて~とご連絡ください。

LINE@の登録はこちらをクリック↓

 

LINE Add Friend

メールフォームはこちらをクリック↓

メールフォーム

 

こちらは私より人気のある柴犬です

 

柴犬まるの幸福論

柴犬まるの幸福論

 

 

自分を受け入れるシリーズ その2

自分を受け入れるシリーズその2です(⌒∇⌒)

「現実の自分」と「理想の自分」が乖離してるから、人は悩むって前回のブログで書いたんですが (その記事はこれ!読んだらかえってきてね!)

zunzun428blog.hatenablog.com

理想の自分というのは「こうなりたい自分」でして、「こうならなければいけない」と思っている自分でもあります。

例えば、一流大学を出て大企業に勤めて、年収も2000万円で、豊洲のタワマンに住んで結婚してて、夫婦仲は良好、そして子供は女の子…みたいな人生を送りたいという願望を持っていて、これがこの人にとっての「理想の自分」になります。

しかし「現実の自分」は、実際の自分は年収はそこそこ、高田馬場に住んで恋人はいない…会社の人のことは別に好きじゃないし、今の仕事では理想の自分には近づけそうのない…こうなって来ると苦しくなってきますよね。気持ちは焦って漠然とした不安に襲われるようになります。

この人にとって現実の自分はクソであり、理想の自分への執着が強く、むしろ

理想の自分が本当の自分なんじゃね?

みたいな気持ちにすらなってきます。目の前の現実より、理想の自分の方がリアリティを感じるようになるんですね。そうすると、ますます理想の自分に執着するようになるんです。

 

そもそも、どうして「理想の自分」になりたいのでしょうか。それは、二つの理由があります。一つは、チヤホヤされたいということ、もう一つは過去に自分を馬鹿にした人間を見返したいという思いからです。

出会ったすべてにチヤホヤされたい人は心にぽっかり穴が開いています。自分が一番に扱われたいという思いを常に抱えていて、理想の自分になったらその穴が埋まるんじゃないかって思っています。

過去に自分を馬鹿にした人間を見返したい人は、過去のトラウマから心が深く傷ついています。もう心にばっくり傷が開いています。理想の自分になったらその傷口が埋まるんじゃないかって考えているのです。

 しかし、哀しいことに、名誉や財産を求めても、心の空洞は埋まらないし、傷口はふさがらないんですね…いつまでもたっても楽になれないので、

ダメだ!頑張りが足りないんだ!

と自分を責めて、一度何か目標を達成したとしても、次の新たなるキツめの目標をつくりだし、そこに向かって走り出してしまうんです。

無理したら褒めてもらいたくなりますが、誰も褒めてはくれません。そうすると、今度はなんで自分のことをわかってくれないの?!とキー!ってし始めるんですね…。そうすると、ますます自分のことが嫌いになって、今の自分を受け入れられなくなって…この永遠のループを多分死ぬまで続けていくことになります。

小さいころ、このぐらいでいいんだよって誰も教えてくれなかったから、今も限度を知らず求め続けています。どんなに立派になっても、心の穴はふさがりません。心の傷も埋まりません。それよりも、今まで頑張って生きてきた自分と仲直りをしてみてください。

☆☆☆ ☆☆☆

来週、ワークショップだぁ!私は自分を受け入れているからね!席がまだ空いてることも言うよ!かっこ悪いなんて思わないよ!ぜひ来て!頼む!!お願い!頼む!お願いプリーズ!!!

お申込みはこちらから(⌒∇⌒)↓

peatix.com

ワークショップの質問、コーチングのお問い合わせはLINEかメールにて詳細教えて~とご連絡ください。

LINE@の登録はこちらをクリック↓

LINE Add Friend

メールフォームはこちらをクリック↓

メールフォーム

 

こちらは私より人気のある柴犬です。

もっと声を聞かせてよ 柴犬まるフォトメッセージ集

もっと声を聞かせてよ 柴犬まるフォトメッセージ集

 

 

自分の受け入れるシリーズ その1

仕事はじめからの~!三連休!せっかくなのでみんなを闇落ちさせるブログでも書いていこうかなって…(なんでだよ)題して「自分を受け入れるシリーズ」です。

 

ありのまま自分を受け入れるって難しいですよね。

大体の人は「こんな自分は嫌だ!!!」って思って、理想の自分と現実の自分の乖離に苦しんで悩んでるんです。

ここで超大事なんですけど、実は人は本当は自分ができることを伸ばしていくものなんです。自分ができないことを無理に血反吐吐きながらやって、何か手に入れようとしている人は自分自身を受け入れられていない人なんですね。

絵が好きな人は、絵が描くことが好きだから続けます。ピアノが好きな人は、ピアノを続けて、もしかしたら音大とか進もうと思うかもしれません。

普通の人は出来ないことを無理にしようとしないんですね。

例えば絵が好きで、漫画家になりたい人は悩みますよね。でも、ここで自分を受け入れている人は「まじww俺へたすぎww」と言いながら、色々と絵の描き方を習ったりして向上していくわけです。

自分を受け入れられていない人の場合は「俺はまだ本気出してないから下手なだけなんだよ…」と言って、絵の練習よりも悩むことに時間を使っているかもしれません。

 自分を受け入れられない人は、ありのままの自分には価値がないって信じてしまったんですね。

自分を受け入れるってすごい痛いことなんです。だってみっともないことをたくさんしてきたじゃないですか。思い通りにならないことなんてたくさんあったじゃないですか。頑張りが足りないから今の人生なんだって思うじゃないですか。社会が悪いんだ、親が悪いんだって考えて、憎しみに心が焦がされるじゃないですか。

そんなことを考えていると、

もう殺せよ…

って気分になりますよね。そうすると、今の人生クソ過ぎって思って、ありのままの自分なんて受け入れられるわけがありません。

でも考えてみてください。必死に生きてきたのに、今の自分に価値がないって思うようになったんでしょうか。自分よりも「より多く」持っていると感じる人にねたんだり、ひがんだりするようになったのはいつからでしょうか。

  

例えば海外の大学を卒業したエリートで超一流企業に働いてて、実家は白金…そんな人と出会った時、「わぁ~すごいなぁ~」って思うのが自分を受け入れている人の反応です。ですが、「憎い!私だってそうなりたいのに!親がよかったら私だってそうなれたはずなのに!!!12qwscvvうぇfrg!!!(言葉にならない罵詈雑言)」となったら、自分を受け入れてない人です。

 

もしも、家庭や学校であたたかな人間関係に囲まれていたら、今までの自分を作り上げてくれた物に人たちを大切に思います。そしてその上にある今の自分の立ち位置にもある一定の満足感を得られるわけです。

つまりは、

親にカンシャ友にカンシャ

というわけで、Jpopが言ってることは何も間違っていなかったわけです。

 

しかし、自分を受け入れられない人はそうはいきません。 

親しい友人もなく、頼れる親もおらず、心の中は孤独と劣等感と憎しみにでいっぱいです。憎しみでいっぱいでいっぱいな人には、これまた憎しみでいっぱいの人が集まってきます。その人たちは決して善良な人たちではなかったはずです。彼、彼女の劣等感の憂さ晴らしとして「今のあなたには価値がない」と遠まわしに言葉や態度で示し続けてきたことかと思います。

 

人は、その人のライフステージで一つ一つ経験して学習していくものがあります。

友達と仲良くなったり喧嘩したり、親に反発したり、自分だけのコミュニティを作っていったり…しかし、自分を受け入れられていな人は、こういうステップを踏むことができませんでした。なんせ、周囲は憎しみと劣等感にあふれた人ばかりなので、助けてくれる人もアドバイスしてくれる人もいなかったのです。

 このステップを踏んでこなかったものだから、自分を受け入れていない人は一気に解決したいんですよ。

「~になれたら(~ができたら)きっと自分は幸せになれるはずだ!!」

と短絡的に考えてしまうようになるんですね。そして、努力してその何かを手にいれても全然満足感を得ることができず、何かがおかしいと思い「そうだ!きっと~を手に入れたら幸せになれえるはずだ!」と違うものを求めるようになります。それは永遠に続く追いかけっこで、決して終わることがありません。終わるときがあるとしたら、80歳ぐらいになってボケていい感じに自分の記憶が改ざんできるようになった頃です。

 

自分を受け入れるということは、自分の運命を受け入れることです。人生は不平等です。お金持ちの子、貧乏な子、愛された子、虐待された子、地方に生まれた子、都心で生まれた子、そんな世の中の不平等さをわかっているくせに、どこかで自分は恵まれた人と平等に扱われるべきだと思っています。そんなこと、革命起こして富の再分配でも行わない限り起こりえません。

 

まずは、自分の不幸を認めましょう。とんでもない環境と境遇で生かされていたことに気づいて、自分自身の運命と和解していきましょう。それが自分を受け入れるまず最初のステップです。

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

来週、ワークショップやるよ~!

まだ席が空いてるので、頼む!!来て!?!?!お願い来て!?!?!

必死よ!!!?

お申込みはこちらのサイトから↓

peatix.com

こちらは効果的なコーチングが4時間で学習できる講座です。

こっちもお願い!来て!?必死ね!?

詳細・お申込みはこちら↓

peatix.com

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

ワークショップの質問、コーチングのお問い合わせは

LINEかメールにて詳細教えて~とご連絡ください。

LINE@の登録はこちらをクリック↓

LINE Add Friend

メールフォームはこちらをクリック↓

メールフォーム

これは私より人気のある柴犬です。

柴犬まるのイヤイヤさん

柴犬まるのイヤイヤさん

 

 

  

今年こそ、夢を計画に変えて行動するコツ

ハッピーニューイヤー!2018年あけましておめでとうございます。今年も他の人のことは嫌いでも私のことだけは好きでいてください。今年もよろしくお願いします!

 

気づくと1月も2日で、クリスマスあたりから記憶が消えてるんだけど…

いったい何があった…?

去年の今頃は12月31日が仕事納めで1月2日から働いてたんで、世の中のジャパニーズってこんなに長く休んでるの?

ぼくはもう君たちの不幸がわからないよ…。

みたいな気持ちになったことは、確かです。

 

さてはて、去年は長い社畜生活を終えて、フリーランス的なものになって、その結果、15年ぶりぐらいに兄と母と年始年末を過ごすことができました。ここまで行くのには、愛とカンドーのストーリーがあったわけですが、うちのちっちは変な人なので、まあ、ここではちょっと置いておこうね?

(これでも読んで!↓読んだらかえってきて!)

お父さんに「私の事愛してますか」と聞けますか? - ずんずんのずんずん行こう!改!

 

 んで、仕事辞めてフリーランスになるってめっちゃ怖い決断だったんですね。

だって俺、超一流企業に勤めてたバリキャリだぜ?どやどや。

その安定をすてて、フリーになるとか、

 

狂ってる

 

って自分でも思ってるんです。

みんなも、

 

あ~これやりたいな~

でもな~

どうなのかな~

無理だよな~

安定すてるとかどうなの~とか

親が泣くよな~

 

って思ってることがあると思うんですね。

 変化することって基本的に怖くて痛いことなんですね。

なので、変化するよりも、今のままでいたいと思う気持ちの方が強いのは当然です。 

だから、どーみても不幸な状況であっても、どんなにチャンスがあっても

変化することの方が怖いから、そのままでいる

ということを選んでしまうんです。

 

でもですね、そうすると、

「ああ~これしたいな~でも無理だよな~」って思い続けて、時間が経ってくんです。

これを私は

 

闇を抱えて死ぬ

 

と言っています。何かしたいって思いを押し殺して、月日が経ってそして死ぬんです。

今年も、このブログは致死率高い感じで行きたいと思います。

でもそれって、ゾっとしてしまいませんか?抑圧した気持ちを抱えたまま死ぬんです。

だからそれを変えて行くのは、自分が行動していくしかないんですね。

なので、今日は新年スペシャルだとして、夢を計画に変えて行動するコツについてちょっと書いてみたいと思います。前置き長っ!!!

 

大前研一の名言の大前提

 大前研一ってすごいおっさんがおりまして、どうすごいかといいますとマッキンゼーという外資コンサルティング会社でなんかすごいことして、なんか本だして、めっちゃベストセラーで、海外の大学で大前研一の本が教材として使われてたりするすごい人なんです。ちなみに私は勢いはありますが、プレゼンは下手です。

その大前研一の名言にこんなのがあるんです。

人間が変わる方法は3つしかない。1つ目は時間配分を変えること。2つ目は住む場所を変えること。3つ目は付き合う人を変えること。どれかひとつだけ選ぶとしたら、時間配分を変えることが最も効果的。

 

 なるほど、なるほど。厳しいお言葉ですがその通りですよね。1つ目の時間配分を変えるっていうのは、1日をどのように過ごすかってことも含まれていて、仕事を変えるってことも含まれています。住む場所変えて、友達変えたら人生は確かに変わりそうだ!

しかし、この名言には実は2つの大前提があるんじゃないかなぁって思っているんですね。

 

〇主体的に動く

まずその一つとして主体的に動くことがあげられると思います。

自分から能動的に動くって大変じゃないですか。

みんながみんな、誰かなんとかしてくれないかなって思ってるわけです。

不思議なことに状況というのは他人任せで願ってても方法が間違ってても変わらないんですよね。人生の問題は自分しか解決してくれないですし、誰も自分のために腕立て伏せはしてくれないわけです。

会社の仕事でも、最初のうちはだれかに与えられた仕事を一生懸命こなしていますが、そうするとだんだんと飽きて、不満が出てきますよね。

仕事でもそうなんですから人生だったらなおさらです。

めっちゃ自分から主体的に動きましょう。

 

〇プロに助けを求める

主体的に動くぞ!って決めたら次はプロに助けを求めることです。方法を変えるんです。

ちなみに、主体的に動くことと誰かに助けを求めることは全然別物です。

 なぜか自分でなんでもできると思ってしまっている人がいますが、全部、自分でやる必要はないんです。出来ないことって人間いっぱいあるじゃないですか。いい年になってくると出来ないことは出来ないんです。

その出来ないってことを認めて、プロに助けを求めることです。

英語が話せるようになりたいのなら、先生(プロ)を雇ったり、簿記ができるようになりたいなら学校(プロ)に行った方が、独学よりも習得する断然スピードは早くなるわけです。

何かを知りたい、身に着けたい、変えたいと思ったら、さくっとプロに助けを求めてみてください。

でもお金がないしな~って思うじゃないですか。それって、実はお金がないんじゃなくて、お金がもったいないの間違いなんですね。

1万円、2万円使ったことで死にはしません。死ぬようだったら他に問題があるんやで…このブログを読んでる場合じゃないで…。

その1万円、2万円、はたまた数千円をケチっているだけで、代わりに浪費してるものがあるとしたら、それはあなたの人生の時間です。

ただより怖いものはないんやで…。

 

〇恐怖に打ち勝つ

この大前提2つをおさえたら、次に知っておかなければいけないのは、

 

変化する恐怖に打ち勝つことです。

 

さっきも書きましたが、変化するって怖いし痛いのでずっと同じ場所にいたがります。なので、いろんなことがしたいな~って思っても闇を抱えてしまって死ぬわけなんですね。なので、ここで、夢を計画にして行動するという「現実」にするためには、恐怖に打ち勝たなければいけません。

 

 恐怖の裏に隠れているのは、「不確実性」と「確実性」のワナです。

不確実性というのはリスク、確実性は安定とも言い換えられます。

人間はこのリスクと安定の間でいつも揺れ動いているんですね。

例えば、将来の安定が欲しいと言って、公務員になったとします。そうすれば、首になることもまずないだろうし、安定した生活ができますよね。でも公務員の仕事は単調でたのしくないな~と思ったりし始めます。

ここで人はリスクを求め始めるわけです。

もうちょっと楽しい仕事したいな~、でも、公務員の方が安定してるし~ともやもやしはじめます。

次に、ベンチャー企業に就職した人がいます。ベンチャーなら大きな仕事できるかなーって思ったんだけど、なんだか組織として不安定だし、社長の気分しだいでコロコロ色んなことが変わるし、こんなのいや!ああ~公務員とかいいな~安定してそう~と考えはじめ、リスクを求めていたのに、今度は安定を求めはじめるわけです。

リスクを求めたら安定を求めて、安定を得たらリスクを求める…この繰り返しなんですね。

ここでお気づきでしょうか…最終的に人はリスクを求めてるわけです。

つまり、人間ってわくわくした人生の方を求めてるってことなんです。 

 なので、安定とか求めず、変化を求めて、がつがつ行動した方が楽しいんですよ。

自分が何か変化を求めたとき、

 

このまま闇を抱えて死ぬよりもわくわくした人生を自分は求めている

 

ってことを思い出してみてください。

そうすると、うだうだ迷ってる場合でしょうか。迷ってる間にも時間は流れていきます。思いっ切って飛び出せば、多少は血まみれにはなるかもしれませんが、もっと楽しい未来が待っているはずです。

 

どっちの選択の方が自分がわくわくするかを常に考えてみてください。

 

でも、いきなり会社を辞めて俺はユーチューバーになるんだ!!!って30過ぎのおっさんが言い出したら、考えものですよね。抑圧された社会人生活から解放されて、ユーチューバーになってちやほやされたい気持ち、めっちゃわかるよ。

 

仕事を辞める時は、達成感を大切にしてください。逃げるのではなくて、

もう十分だ!やり切った!!!!

と思える仕事をしてください。ちなみに私は仕事をしまくった結果、

この仕事、全く好きじゃない!!!

と心の底から、魂の叫びレベルで思えるようになったので、辞めました。

 

2018年は景気爆上げになってみんなが豊かになって子供が増えまくって、みんなが幸せになりまくればいいと思います(⌒∇⌒)

なので、みんな闇を抱えず、主体的に動いて、プロに助けを借りて、恐怖に打ち勝って、ばっこんばっこん(?)行動して、チャンスをつかんでいってくださいね!

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

プロに助けを借りることの1つとして、ワークショップも1つの手段です。

1月はワークショップをするので、ぜひみんな遊びに来てみてね。

人間関係のワークショップは今回だけの予定です。

めっちゃ面白いことになると思うよ~(⌒∇⌒)

詳しくはリンクの特設サイトに行ってみてください☆彡

 

キャリアのワークショップ

【3時間集中】 キャリアの次の一手を決めて、「人生」を動かすキャリアワークショップ | Peatix

ちなみに体験談。転職決めちゃった!

f:id:zunzun428blog:20170912203934p:plain

次が見えてしまっただと…?!

f:id:zunzun428blog:20170909223457p:plain

人間関係のワークショップ

少人数で開催予定のワークショップです。今までの人間関係がガラリと変わる自分に自信がつくワークショップです。

【3時間集中】しんどいオフィスの人間関係が「楽」になるワークショップ | Peatix

 

コーチングのワークショップ

実はこれが一番お得なワークショップw特設サイトを見てみてね。

【短期集中】”考え方”で人生を変える、コーチング思考法講座(第3期) | Peatix

 

 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 ワークショップの質問・人生相談・コーチングの受付はLINE@にメッセージを送ってみてください。人生相談はブログに載ることもあるのでぜひ送ってみてね☆彡

この画像をクリックして登録してみてください。

登録すると稼げるようになる(つおい)

f:id:zunzun428blog:20171203121131p:plain

 

それではことしもよろしくおねがいしますー!!! 

パワハラ・セクハラ・モラハラに選ばれる人、選ばれない人

メリークリスマス!イブだけどおうちでボッチのアダルトチルドレンのためにブログを書きたいと思います。俺と一緒に闇に沈もう…(ひどい)

オフィスではセクハラ、パワハラモラハラと三大ハラスメントが横行しております。最近では、はあちゅうさんが電通時代のパワハラを告発していましたよね。電通はおそろしいところじゃ…。

そんな私といえば、人生でモラハラ受けすぎマンなので、自分がモラハラを受けているかもわからない状態ということが多々あり、「なんかもやもやするけどなんでだろう?(ぽかーん)」みたいなことがよく起こっていました。なので、友人に自分のもやもやした経験を話すと、「なんでそんなことを言われるのを許してるの!?」と友人の方が怒り出し、私がびっくりするということがよく起こっていました。

こんな風に、何度転職しても同じようなハラスメントに遭う人もいれば、逆に全く遭わない人もいます。この違いはなんなのかな~ってずっと考えていたんですね。

例えば、いじめる人間は誰でもいじめるわけではありません。必ず「いじめる」人間を選びます。これと同じようにパワハラ・セクハラをする人も必ず「相手」を選ぶんですね。その相手とはどんな人間かというと「従順」な人間なのです。

従順な人間は、小さい頃から素直でおとなしいといわれてきた子供でした。そうして、「親にもてあそばれてきた」子供ほど、パワハラモラハラに遭いやすいんです。親にもてあそばれてきた子供ってどういうことって言いますと、幼稚な親に育てられた子供のことです。気分次第でどなられ、親の顔色を常に伺い、否定され、強い劣等感を抱いて成長し、しっかりした目的も持たず八方美人で周囲の人に気に入られたい…こんな人間です。常に親の感情のはけ口に利用されてきたので、周囲の人間に利用されても全く気づきません。私のようにNO違和感です。違和感が全く仕事をしません。

親も利用する子供を選びます。従順で気の弱い子供を選びます。兄弟と自分の扱いが違うと感じていた人はいませんか。残念ながら、それはあなたは選ばれてしまったのです。そして、社会に出たときも同じように「選ばれてしまう」のです。

ずるさは弱さに敏感です。

あなたが弱いままでいるならば、あなたを利用しようとする人間で集まってきます。そうすると、ずっと利用される被害者のままなのです。

その連鎖を断ち切るにはどうしたらいいでしょうか。それは子供のころの「悲惨な日々」をやめることです。自分はもうそんな目に遭う言われはないのだと立ち上がることです。

よく親に愛されてなかったから生きている意味がないという話を聞きます。しかし果たして、そうなのでしょうか?愛されていなかったら生きてはいけないのでしょうか?愛されてなかったから、愛にあふれた生活をしてはいけないのでしょうか?

私は、そんなことはないと思います。

だからパワハラ・セクハラ・モラハラとか受けてる場合じゃないんですよ。無力感と孤独感に打ちひしがれるのをやめて、辛い状況を変える方法を考えてみてください。仕事辞めたっていいんですよ。もうそこはあなたが守る場所ではありません。

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

 ワークショップやるよ~(⌒∇⌒)

 半分ぐらい埋まりました!ありがとうございます。

お申込みはお早めに(⌒∇⌒)詳しくはこちらの記事から~。

zunzun428blog.hatenablog.com

 

コーチングの依頼、ワークショップの質問、人生相談はLINE@でメッセージください(⌒∇⌒)登録はこちらのリンクから

LINE Add Friend

 

 

ワークショップのお知らせ

来年1月は血反吐はいてガンバレ!って言われたので、ワークショップを3つやります。3つもあるとどれを受けていいかわからないよう~ってお問い合わせがあったからここで説明するぜ!

 

☆キャリア☆

転職したいな~でも転職してもいいのかな~今の会社でいいのかな~転職するにしても軸が見つからないな~という方におすすめなのがこちらのワークショップです。

キャリアの次の一手を決めて中長期のキャリアプランを作っていきます。

ptix.at

 

☆人間関係☆

転職するにしてもいつもオフィスの人間関係で行き詰ってしまっている人はこちら。

転職しても自分の人間関係の「くせ」を見つけなければ、いつまでたっても同じことの繰り返しです。このワークショップでは自分の何が足りないのかをみていきます。

ptix.at

 

コーチング☆

んで、実は一番人気なのがこのワークショップです。自分の仕事、日常にコーチングを取り入れたい人におすすめです。自分自身をコーチングできるようになって、問題解決の速度を高めていくのを目的としています。通常のコーチング講座は1年ぐらいかかり100万円ぐらいかかります。しかし、この講座では4時間でコーチングの基礎を身に着けることができます。資格は必要ないけれど、コーチングに興味がある、仕事で取り入れたいという方におすすめです。また、この講座を受講した方は、希望者の方は毎月1回開催の勉強会、ボランティアスタッフとして無料参加できるようになります。

ptix.at

 

質問等があったらぜひLINE@でメッセージくださいね!

LINE@の登録はこちらのリンクから↓

LINE Add Friend

 

ではみんなとお会いするのを楽しみにしています~(⌒∇⌒)

焼肉食べてたらIoMTの学会に誘われた話

先日焼肉食べてたらIoMT学会なるものに誘われたんですね。

IoMTというのはIoTにメディカル(Medical)のMが付いたものです。

そもそものIoTってなんだよって話ですが、え?知らないの?IoTっていうのは…ほら…その…

家電とか…こう…インターネットにつないでいい感じにするものだよ…。

 

その医療版がIoMTというわけです。

私の高度な知性を使ってIoMTについてイラスト化してみました。

つまりは…こう…

f:id:zunzun428blog:20171218104503p:plain

こんな感じに医療を、いい感じにするものです。

さすがの私も伏し目がちになってまいりました。

詳しくはもうここを読んでください(雑)

iomt.or.jp

なんでそんなもんにずんずんさんが誘われたんだよといわれると、本当に焼肉を食べていたから…?としか言いようがないのですが、誘ってくださったのはこちらの学会の主催の猪俣武範先生です。

猪俣先生と聞いてピンきた方もいらっしゃるかと思いますが、猪俣先生はこのような本も出されておりまして、

ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法

ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法

 

お医者さんでハーバードのMBAホルダーという変態…いや、スーパーアチーバーな方です。この本を読んだとき、「世の中にはすごい人がいるもんだ…」と思ったんですが、縁が重なって、学会にお呼ばれしたのでした。 ライフって不思議ね。

こちらが猪俣先生です。 

f:id:zunzun428blog:20171218110117j:plain

先生やせてるー!!

学会というからにはスーツをお医者さんばかりです。私は完全にアウェイです。

高学歴のお医者さまに囲まれて私の学歴コンプレックスがうずきます。

 

 

でもお話自体はとても興味深いものばかりでした。

私は時間の関係でオープニングセッションしか参加できなかったのですが、

遠隔診療の診察報酬など、

f:id:zunzun428blog:20171218110931j:plain

え!そういうところが問題になるのね!といったところで一般人には目からうろこ状態でした。政策会議の未来投資会議でも遠隔診療はフォーカスされているそうです。

 

そして、一番興味深かったのはIoMTに対するサイバー攻撃の話です。

IoTに対してもサイバー攻撃があり問題になっていますが、IoMTも例外ではないんですね。超おおざっぱに言いますと、セキュリティをちゃんとしてないとハッカーがちょっと頑張れば、患者さんの電子カルテとか個人情報はすぐ盗めちゃうよという話ですが、どのようにセキュリティを破っていくかの説明で、ざわつく会場内…

 

それを見ていた私は…

 

え?病院って独自のなんかアレがあってセキュリティ高めのなんかアレがあるんじゃないの?

 

と思ってたんですが、

 

そうじゃないところもあるみたいね?

 

これが一番の衝撃だったような…患者側からすると、病院側のセキュリティ対策は大前提となっていて、疑うことすら考えないですけど、セキュリティがしっかりしている病院というものが診療の際の病院選択においての優位性になる時代がもうすぐやってくるのかもしれません。

うまくまとまったぞ!やったぞ!

 

そんなわけ(?)で来年1月、キャリアと人間関係の2つのワークショップをやります~。キャリア、人間関係にお悩みの方はぜひ参加してみてください(⌒∇⌒)

20代後半から40代前半の幅広い方が参加され、無職の方からミリオネアの人も参加され、わきあいあいとした雰囲気の中、めっちゃみんなでしゃべるので悩みがどんどんと解消していき、心が軽くなっていきます。

詳しくはこちらの特設サイトをみてね!

 

〇キャリアのワークショップ〇

peatix.com

〇人間関係のワークショップ〇

peatix.com

コーチング基本講座は毎月開催しています。4時間でコーチングの基礎が学べて勉強会やボランティアスタッフができるよ!こちらも詳しくは特設サイトをご覧ください。

peatix.com

ワークショップの質問はLINE@からくれると嬉しいな!

登録はこちらの画像をクリックしてね!

f:id:zunzun428blog:20171203121131p:plain