ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

恐怖心への戦略

先日教祖になろうと思いまして(?)、

 

 

こんなことをつぶやいたので、

今日はこの「恐怖心への戦略」について書きたいと思います。

 

恐怖っていろんなところに潜んでますよね。

例えば、

 

・働けなくなったらどうしよう!

・お金がなくなったらどうしよう!

孤独死したらどうしよう!

・誰にも愛されずに私は死ぬの?!

 

この不安を取り除く方法でも書いたんだけど、わざと不安がってるのかもしれない。

 (その記事はこれ。読んだから戻ってきてね!)

zunzun428blog.hatenablog.com

 

こういう恐怖を感じてる人って実は特になにもしてない

 

無手無策

 

なんですね。

 

いやいや、私は孤独死しないように今婚活中でして…

 

なんていう人も言いますが、

結婚して子供を産んで、

その子供が死ぬまでつきっきりで自分の側にいてくるって言うのも、

 

女の子を監禁してレイプし続ければ

この子は僕のことを好きになってくれるはず…!!!

 

ぐらい、(ヾノ・∀・`)ナイナイって話だと思います。

 

孤独死の恐怖、

仕事できなくなったらどうしようの恐怖、

愛されなかったらどうしようの恐怖

 

…こういったあなたが持っている恐怖の大半は、

 

電車であなたの隣に座った人も持ってます。

 

ぜんぜん特別なものじゃない、どこにでもあふれてるものなんです。

 

それなのに、

 

うぅ~!どうしたらいいんだ~!こわいこわい~!

 

って悩んで時間を無駄にしてるのはバカみたいだよ(ヾノ・∀・`)

 

 

じゃあこの恐怖に勝つためにはどうしたらいいかというと、

行動しかありません。

行動には正しい戦略が必要です。

 

たとえば、婚活して孤独死を逃れるという戦略は、正しい戦略とは言えません。

 

孤独死を逃れたいなら

 

「常にポジティブで協力的な人に囲まれ、友人に頼られるような人間になる」

 

なることが大切です。

 

仕事がなくなったらどうしようの恐怖には、

 

「自分の価値を高め、強味を知り、ネットワークを広げ、会社以外の収入の道も探す」

 

ことが大切になります。

 

大切な人を失う恐怖には、

 

「恐れるよりこの生きている時間をより豊かで実りあるものにすること」

 

が大切になるのではないでしょうか。

死はみんなに訪れる運命だからね( ;∀;)

 

私たちは、社会が良いといっている「慣習」と、

親が教えてきた良いと言っていた「習慣」を、

特にそれが自分にとって必要なものか考えることもなく、

無自覚に生きています。

 

本当の自分は望んでいないのに、

世間体からこの慣習と習慣に無理やり合わせようとしているから、

何かが苦しく、何かが怖いのかもしれません。

 

そろそろ自分を見つめなおして、

自分の心の底にある恐怖を覗きにいき、

勇気をもって正しい戦略を立てていきましょう。

 

といったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆

プラネテスはいい漫画なんですけど、

いきなり主人公が自己との対話とかしはじめて、

読者を全力で振り払ってきます。まって置いてかないで…! 

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

プラネテス(1) (モーニングコミックス)

 

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームで!

ヤフーメールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!

※コーチグに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね!

 

嫌いなことはしなくていい

先日こんなメッセージをもらったんですけど、

 

 

f:id:zunzun428blog:20170625112344p:plain

f:id:zunzun428blog:20170625112355p:plain

 
初めまして、ずんずんさん。
私は在宅でイラストレーターや簡単なHP作成をしているものです
しかし、それだけでは生活できず、仕事を畳もうと決意しました。
そこで、ずんずんさんの規定とは外れてしまうのですが、私は精神疾患を持っていて、服薬治療を受けています。
(申し訳有りません!もうちょっと読んでやってくださると嬉しいです!)
そこで今まで自分がやっていたようなカット描きやHP作成をしている作業所(障害者が行く会社のようなところ)に行こうとしたところ、時給が100円で1ヶ月フルで働いて1万円だよと言われてしまいました。
そこは最初は通いですがゆくゆく住み込みになるらしく、生活費や居住費で数万納めないといけないのです。
私は医師から通常勤務も数年バイトで慣らして行けば可能であると言われていて、けれど自分の今まで覚えてきた技術などを捨てるのが惜しく、その作業所を選びました。
自分で探して親を引き連れて見学に行って、今度体験に行きます。
好きなことだから楽しいでしょう。
そしてそこで数年過ごした後で就職活動をしようとしているのです
だけれど時給100円‥‥
そして私の45歳という年齢です。
通常の企業が作業所出身の元職人45歳という初老を採用するでしょうか。
使えなさそう‥‥と、自分でキャッとなりました。
私は私の進む道をどう変えたら、もしくは変えなかったら将来食いっぱぐれなくて済むのでしょうか
親も病気が発覚した当初こそいたわりあっていましたが、
「怠け者のかかる病気だろ?気分次第で元気が出る」
というようなことを特に父が言います。
その度喧嘩です‥‥
東京に出て一旗あげたいと思っても、主治医が許してくれません。
この人に15年近くお世話になっていてなんだけれども、この人からもう私自由になりたいです。
いい歳して子供っぽい相談で申し訳ありません。
どうぞよろしくお願いいたします。
 
 

 

そいでわいの返事、

 

f:id:zunzun428blog:20170625112432p:plain

f:id:zunzun428blog:20170625112451p:plain

メッセージありがとうございます。

うーん、私はお医者さんじゃないので、うかつなことはいえないのですが
とりあえず「嫌いなこと」を辞めてみることじゃないですかね。
まずは障がい者申請して障がい者年金をもらう(すでにもらってたらすいません)
親と住むのが嫌なら一人暮らしをはじめる。
主治医の先生が気に入らないなら、先生を変えてみる。
最低賃金以下で働くのがいやなら働かない。
私の兄も障害年金もらって一人で暮らして、まったく働いていませんwでも超楽しそうですw

嫌なことをやってたから、うつ病になったのに、
また嫌なことを始める必要なんて全然ないと思うんですよ。
将来の不安とか、それはまた病気が良くなったら考えるべきなんじゃないかなーって思います。

ではでは、ゆっくりしてくださいね。

 

んで、またお返事をもらいました。

 

 

f:id:zunzun428blog:20170625112646p:plain

f:id:zunzun428blog:20170625112704p:plain

 

 


ずんずんさん、アドバイスありがとうございました。

ずんずんさんのお話を読んで、

「カット描き・HP作成」
「それをする自分」

は好きなのに、なんで嫌いなんだろうともう一度考え直して見たんです。
そしたら恥ずかしながら

「それをしてもしても商売が下手で赤字しか出せない」
最低賃金以下でしか働けない」
「故にゆとりのある生活ができない」

が、嫌いなんだと気付きました。
これは、根本的にダメなやつだ、など思いました。
お金は大事ですよね。
今の仕事を趣味にはしても仕事に選んではいけないと思ったのです。
タウンワークを速攻手に入れ、自分が頑張れそうな仕事を見つけました。
(恥を忍んでいうと短時間で週の勤務日が少ない仕事です。最初から飛ばせないと思ったのです。)
周囲の人間にお店の条件など見てもらって自分の性格との適性などを検討した上で次に進みたいと思います。
後、親と住むのが嫌だなと思う時もありますが、
先立つ物を貯金してから離れたいと思います。
バカみたいに一人暮らしを連呼していた時期もありましたが、
ずんずんさんの言葉を読んでふっと肩の力と余計な見栄みたいなものが抜けました。

全く働かない状況を楽しめる、仙人のような人や、達観した人、私も見たことがあります。
でも、私は働くのが好きなんだな、と、これもまた発見でした。
ありがとうございます。
だから「働かないで遊ぶ」のは、休養期間だけだから好きなんであって、
ずっとこれをやっていると経済的にも精神的にも煮詰まりそうです。
将来の不安を払拭できるほど大層な肩書きではなくて、
まずはアルバイトですけれど、頑張ってみようと思いました。
イラストやPCは趣味として材料がある限り楽しもうと思います。

主治医からは
「君はもう就労できる状態なのに仕事をサボっている!」
と、叱られてきたのでアルバイトの相談に行ってきます。
トンチキなことを言われたら本当に主治医を変えることを考えます。

ずんずんさんのおかげで前が観れるというか、
今までバラバラだった考えがスーッとまとまりました。
ありがとうございました!

 

 

・・・・・。

なんか解決している!? 

 

やっぱわいは天才やな!!!(言いたいだけ)

 

これって前書いた嫌いな人との接し方と同じなんだけど

(その事はこれ。読んだら戻ってきてね!)

 

 

zunzun428blog.hatenablog.com

 

 

私が今からすごいことを言うと、

 

嫌いなことってしなくていいんだよ。

 

知ってたぁ!?

もちろん「やらなきゃいけないこと」を「やらない」のは、

それは単なる「放棄」

 

でも、それをやったら、病気になりそう、もうこれ以上会社にいけない

こころがずっしりと重くなって、もう体が動かない

つらい、死にたい

 

なんて状態になるようなことだったらそれはもうやらなくていいこと。

 

こんな苦しい状態なのに、なんでそれを

 

やらなきゃいけない

 

と思ってしまうのか、こっちの方が大問題。

 

その理由は「世間の目」だったり「見栄」だったり

自分の命より大切なものはないはずなのに、

 

大切にできないのはどうしてなのか

 

そこに本当の問題が隠れているとおもいます。

 

といったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

厨二の古傷がえぐられてつらかった

 

最遊記RELOAD BLAST: 2 (ZERO-SUMコミックス)
 

 

 

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームで!

ヤフーメールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね!

 

リリー・フランキーが言っていた「まんまんへの手紙」

先日、リリー・フランキーのこじらせた女友達が精神科医に、

 

「まんまんに手紙を書きなさい」

 

と言われた話を聞いて、

 

まんまんに手紙…?

 

と首を傾げたのですが、

 

 

なぜ、まんまんに手紙を書かねばならない…?

 

と思ったわけで、

 

まんまんへ手紙を書くと

こじらせた自分の性に対して

何か起こるのか?

 

女性である自分を受け入れることができるのか?

 

と考えるに至り、

 

己のまんまんへ手紙を書くことにしました。

 

今日のブログはだいぶ高度だぜ!?

 

みんなついて来いよ!?

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

まんまんへの手紙

 

Dear まんまん

 

今まで色々あったね。

つらいこと、悲しいことたくさんあったね。

あなたとはずっと一緒にいたけれど、

 

今まで変な竿ばっかり入れてごめんね。

 

心の隙間をあなたで埋めようとしていたから。

寂しかったの。

ほんとごめんね。

 

あなたをもっと大切にするべきだったね。

友達に、

 

「もうバナナでも突っ込んどけ」

 

って言われたときはちょっとショックだったよね。

 

三島由紀夫が何かの本で、

 

あなたのことを「股の間の汚い手袋」って言ってて、

その本を読んでいた私は

 

その通りだな

 

なんて斜に構えていたけれど

そんなことはなかったね。

 

あなたと私はずっといっしょにいて、

これからもずっと一緒。

 

忙しいときは、紙パンツばっかり履いてごめんね。

 

zunzun428blog.hatenablog.com

 

 

 それが普通だと思っていた。

今も1枚100円のパンツを履いてるけど、

 

加齢のせいか冷えがこたえるね。

 

今度はちゃんとあなたをふかふかにするね。

 

もう一度言うよ。

あなたと私はずっと一緒。

何度も言うよ、yeah yeah yeah.... 

 

自分が男だったらって

ちんこがあったらっていつも考えてて

自分のないもののことばかり考えていた。

 

思春期になって生理が始まって、

大人になっていって

お父さんとほとんど話さなくなって、

 

お父さんと距離ができたのは、

あなたのせいだって考えたこともあったね。

 

でもそうじゃないの。

 

お父さんは未熟で、

娘とどう距離を取ったらいいかわからなかっただけなの。

だからあなたは何も悪くなかったの。

 

 心臓も腎臓も、いろんな臓器のことは全く考えないで、

当然のことのようにそこにいるけれど、

あなたのことはいつも気にしてる。

 

これからもいろいろとあるかもしれないけれど、

よろしくね。

 

大好きだよ。

 

Love,

ずんずん

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

 ……?

 

よくわかりませんが、

まんまんへの愛にあふれたような気がします。

 

 ……?

 

よくわからないので、今度、

 

「まんまんへのラブレター」

 

っていうワークショップやるね?

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

 ちんちんへの手紙もやるべきかもしれません。

夫のちんぽが入らない

夫のちんぽが入らない

 

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

まんまん以外のことも考えているずんずんさんへの

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームまで!

ヤフーメールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね!

 

学費を返せなくってごめんなさいと親に謝れますか

そういえば、昔、

 

学費について父親に土下座したことあったなー

 

って思い出しまして、この話、友達にはよく話してんですけど、

「それブログに書いたことないの!?書くべきじゃね!?」

と言われたので書くことにしました。なにこの!出オチ感!

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 

まあ、好きでも嫌いでも親は自分を育ててくれたわけじゃないですか。

んで、大体の場合、親が生活費や学費を払ってくれたわけじゃないですか。

このことに関してどう思うか、人は下記の4つのタイプに分かれるわけです。

 

①まじありがたいわ~って思う人←これ普通

②それは親の義務だろって思う人←ちょいやばい

③金を出したことに対していつまでも恩に着せやがってって思う人←やばい

④金を出させて申し訳ないと思う人かなりやばい

 

私はと言いますと、私はこの③と④の2種混合型でして、

君たちとはこじらせが違うのだよ。 

そんな気分です(何)

 

でね、結構父親が横暴な人でして、小さい頃から何か気にくわないことがあると

「誰が金出してやってると思ってるんだ!!」

ってよく怒鳴っておりまして、子供心にうんざりだったわけです。

大きくなったら、今度は母親が

「あんたを育てるのに2千万はかかったわよ」

と金をせびってくる。

いや、そんなにかかってねぇよと思いつつ、

結構これ、

 

つらいんやで…(涙)

 

小さい頃から親に金のことを言われると、非常につらいんですね。

まだ小さいからお金を稼ぐことができないし、

生きていく場所は家庭しかないし、

逃げ出すことはできないし、

どんな横暴な仕打ちにも言いなりになるしかない。

 そして大きくなったら、今度は今までかけた金のことを言われ続ける…。

 

ここで自分がホリエモンみたいに大成功した企業家だったら

 

ぽーんと2千万円ぐらいだして、

恩も義理も返したぜ(きりっ)

 

ってできるわけですが、普通の人は

日々自分の生活で精いっぱいでそんなことできるわけないじゃないですか。

 

だから、非常にみじめなわけです。

 

かけてくれた金も返せない自分、そんな自分が辛すぎて、

今度は逆に親に怒りを燃やすわけです。

 

いつまでも、育てたことを恩に着せやがって!!

 

っと……。

 

でも、実は怒りの下には悲しみが隠れているわけです。

 

恩に着されている自分、

そんなこと言わないでほしいと思っている自分、

でも、どうにもできない自分、

 

強い怒りの下で、こんな自分が

 

ごめんなさい

許してください

 

と泣いているわけです。

 

今まで、かかった生活費や学費を返せれば、

 

親は許してくれるだろうか? 

 

と考えているわけです。

 

なんで、こんなことを考えてしまうかというと、

 

親の期待に応えられなかった

 

という強い思いがあるからなんですね。 

 

あんなにお金をかけてくれたのに、1流大学にいけないかった

今のお給料はこのぐらいしかもらえていない

これでは親に恩を返せない

 

恩に着せられていると怒っているというのに、

実は心の奥底では恩を返せない自分への

 

罪悪感と無能感に悩まされているわけです。

 

考えてみれば、1流大学に行ける人ってごく一部ですし、

ほとんどの人はいけるわけじゃないんですね。

そして、大企業でいいお給料にもらえる人もごくごく一部……

 

それなのに

 

「あんなにお金をかけてもらったのに親の期待を応えられなかった自分はダメ野郎だ!」

 

と常にうなされているわけです。

 

この罪悪感と無能感から抜け出すためには

 

親に土下座するしないんですね。

 

人間はいろいろ後悔があって、罪悪感があって

だいたいはそれをうやむやにして生きていくわけですが

どうしても解決したい問題があるならそれと向き合うしかないんです。

 

自分が親がかけてくれたお金について期待に応えられていないと

いまも自責の念にかられているというならば、

それについて親に謝るしかないんです。

 

肉体的に土下座する必要はないんですけど、

精神的には大土下座ですよ。

 

というわけでずんずんは、ぱっぱにメンタル土下座をするために、

電話をすることにしたのだった……。

 

ここまで前置きかよ!長い!

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 

んで、父親に電話をした私ですが、父親は退職して家でプラプラしてるのですぐ電話とりますね。ほいほい電話とりますね。んで、そんな父親に私は、

 

「今日はちょっといいたいことがある」

 

と言ったわけです。

もうこの時点で私は泣いています。 

わけがわかりませんが、人間は本当に申し訳ないと思っていると泣けるんです。

人は後悔で泣けるんです。

感極まったように私は、

 

「あんなにお父さんがお金をかけてくれたのに、全然勉強しなくてごめんね」

 

と言いました。

 

そうなのです。私は全然勉強していませんでした。

いや、普通の人より勉強時間は長かったかもしれませんが、

 

いかんせん頭が悪かった。

 

兄は超一流大学に行き、地元の神童でした。

学校の先生はみんな兄の名前を知っていました。

そんな兄に比べて母はお前は頭が悪いといつも言い続けていました。

私は兄と同じ大学に行くことはできず、就職し、

家族からは逃げ出し、

学歴がないのだからせめて人より働いてお金を稼がなければ、

と必死で働いてきました。

大人になっても仕事に関する勉強はできません。

だから働きの割には給料は低いといつも思っていました。

 

私の言葉に父はあっけにとられたように言いました。

 

「俺が一度でも勉強しろと言ったか?」

 

 

……あれ?

 

ん?

 

あれ???

 

あれれれれ???

 

そこで私は思い返しました。

 

そういえば父さん、

 

一度も、勉強しろとか一流大学に行けとか

 

 

言ったことないぞ?

 

 

 

私もあっけにとられて、過去の記憶をさぐりました。

 

そもそも10代の頃、父親とほとんど話さなかったわけですが、

それでも勉強について父親に何か言われたことがありません。

 

いつも勉強しろとか一流大学に行けと言ってたのは

 

母さんやんけ……

 

私は愕然としました。

父さん、何も言ってなかったやないの…。

 

私が持っていた罪悪感、とは?

 

どうも私は自分の脳内で罪悪感をクリエイトしていたようです。

 

私が行った大学についてどう思うかも父に聞いてみたんですが、

父は「良い大学じゃないか」と言いました。

 

Oh....私はこんな大学、卒業しても就職先なんてねぇぞ

と思っていたのですが、父の中では「良い大学」だったのだ…。

考えてみれば、私は父が40過ぎて生まれた子供でありまして、

その世代から考えると大学卒業した女というだけですごいのではないか!?

 

と、さっきまで号泣していた私ですが、

狐につつまれたような気持ちになり、

 

「あ、ありがとう!?」

 

と動揺しつつ電話を切ったのでした…。

 

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 

それからちょっと、後の話になるですが、

オフィスで、男性の同僚が息子さんを塾に行かせるか迷っているという話をしていました。

その人の奥さんは、将来のため息子さんを進学塾に通わせたいみたいで、

しぶしぶ彼は息子さんをその塾の体験教室に連れていったのですが、

その時、息子さんが相当浮かない顔をしているのを見て塾に行かせるのはやめたそうです。

その代わり、息子さんに野球を習わせることにしたそうで、なぜかというと

 

「(息子は)体がちっちゃいから運動させて大きくしないと、いじめられたら大変でしょ」

 

と言っていました。

そして、彼は「まあ高卒でも友達いっぱいいて、本人が幸せならいいよね」とも言っていて、

もしかして、父親の愛というものはこういうものかもしれないと思ったのでした。

 

 

 と言ったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 

ちなみに、アダルトチルドレンが学費土下座をやる場合プロコーチがいないと100%死ぬと思うので、やらないでください…。

 

ずんずんさんへのコーチングや寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームまで!

ヤフーメールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね!

 

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 

実際ホリエモンは親に養育費を返してたような…? 

多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 

 

 

うつ病って悪いこと?

うつ病ってさ~

わいも2回なったからわかるんだけどさぁ~

 

(ずんずんさんのうつ病話は田中先生のうつヌケを読むのです)

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

 

 

うつ病が良くなった後でも、

 

うつ病になった自分はなんてダメな奴なんだ

 

って思わない?

例えるなら、

 

うつ病なんてなってしまった自分はなんて心が弱いんだ!!!

なんてダメ野郎なんだ!!

金かけて育ててくれた親に申し訳ない!!! 

会社の人にも迷惑をかけてしまった!!

 

社会人失格だ!!!

うおおおおんおんおん~!!!!(号泣)

  

みたいな感じになるよね?

 

あのね……こういうこと当たり前のこというと恥ずかしいんだけど…(/ω\)

 

別にうつ病になったからって

 

全然悪いことじゃないんですよ。

 

うまくいえないんだけど、それは

 

仕方なかったことなんですよ。

 

そりゃ、毎朝気持ちよく起きてしっかり食べて9時から17時まで働いて、会社の人はみんないい人ばっかり!☆自分が困ったら助けてくれる!☆親も自分のやってることに協力的!!毎日のフレッシュジュースとヨガは欠かさないわ!☆

 

みたいな、人生だったらうつ病にはならないじゃないですか。というかこんな生活してる人なんて日本でほとんどいないから……というかグローバルレベルでいないから……。

 

実際のところ、無理を重ねて、出来ないことを無理にやろうとして、意地をはって、我慢したからうつ病になっちゃったんじゃないですか。意地をはるっていうとマイナスのイメージを持つ人もいるかもしれませんが「逃げ出さない」ことを選んだのもある意味、意地はっちゃったんじゃないかなって思うんです。

もっと自分が要領が良ければ上司が良ければ同僚が良ければ…むにゃむにゃむにゃ、何百回もこんな後悔をすると思うんですね。そしてうつ病になった自分に対しても後悔すると思うんですね。コロしてくれー!みたいな感じで。

でも生きなきゃいけないですよね。

みっともない自分を抱えて生きてかなきゃいけないんです。

それで、またうつ病になったらどうしようっておびえながら生活してくわけなんですが…

 

おいおい、おちつけよ。

 

うつ病になったからって別に人間失格なわけじゃないんです。

環境をうらんでも後悔しても病気になってしまったことはもう変えられないじゃないですか。

病気が良くなったのにもかかわらず、

自分自身がうつ病になったダメ野郎」って思い続けるのなんて、

 

かわいそう……(嗚咽)

 

って思うんですね。

もう大変な思いしたじゃん?

だから、うつ病になったからってそれは全然悪いことじゃないし、もうちょっと

 

よく生きてたな!自分!!

あんなに大変だったのに、死ななかったなんて

まじえらいよ!まじえらいよー!!

おーいおいおい!(号泣)

 

って感じでたまには自分で自分をかわいがってみてくださいね☆

といったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

そういえばコーチングを受けてくださったかたでとてもうれしいメールをもらったんですよ~。

20代男性のIさんです。

Iさんはコーチングを受けて現在の人間関係の作り方が、お兄さんとの関係に強く影響していると気付き、15年以上疎遠で連絡先も知らなったお兄さんと連絡を取ったのでした…。

 

f:id:zunzun428blog:20170612224331p:plain

f:id:zunzun428blog:20170612225108p:plain

15年以上会話をしていない兄に電話をするのは怖かったですし、緊張もしました。兄が電話に出たとき、頭が真っ白になり最初の方は何を話したか覚えていませんでしたが、兄は何事もなかったように普通に話をしていました(なんでだ?)。

中略

その後、兄と家族のことや昔のことを話しました。自分は兄に嫌わてなかったこと、久しぶりに兄と話したことがうれしかったです。

今回のコーチングで様々なことが自分の中で解決することができました。

コーチを担当してくださったずんずんさんには感謝しております。

 

 

私も、ばあちゃんと疎遠だったりしたから、このメールをもらってうるうるしました(涙)

(私とばあちゃんの仲直りの話はこれ。読んだら戻ってきてね!)

zunzun428blog.hatenablog.com

 

やっぱり人生で怖いことって色々あって、それを乗り越えるには勇気が必要なんですね。

そして一番ことを乗り越えれば、他のことは全然大したことじゃなくなるんです(笑)

上の記事みたいにうつ病も、うつ病になったことが重要じゃなくて、その後ろに潜んでいるものこそが本当に乗り越えなきゃいけない問題なのかもしれません。

このブログを読んでくださった方には、コーチングやカウンセリングなど自分に合った方法でぜひ解決していってほしいなぁとか思うのでした。

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

コーチングや寄稿のご依頼はこちらのメールフォームまで!

ヤフーメールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね!

 

なんだかいつも「損」してる人

オフィスでいつも貧乏くじひかされてる人っているよねー。

 

なんか割に合わない仕事振られたり、

それでいて上司にも感謝されず

逆に結構ひどいあつかいされてるような……。

 

そんな人です。

 

本人も結構怒ってたり落ち込んでたりするんだけど、

それでいて事態が改善されるわけでもなく、

結局仕事やめちゃったり。

 

なんでこの人、いつもこんな目にあってるのかなーって

貧乏くじひいちゃうタイプを観察したところ

衝撃の事実が発覚したのです。

これはもう、学会報告レベルです(なんの学会やねん)

 

いつも貧乏引かされて損してるタイプって

 

素直じゃないんですね。

 

 素直じゃないっていうのは

 

言われたことをそのまま受け取らず

自分の意見に固執する

 

ことです。

 

言い換えれば自分がぜったーーーーーーーーーーい!正しい!!

って思ってるってことです。

 

なので、上司様が何か提案してきても

 

「いやそれ違いますよ」

 

と、いきなりの全否定

 

誰かが助けてあげようとしても

 

「いや別にいいっすよ」

 

と相手の好意を考えず受取拒絶。

 

なんでこんなことをしちゃうかというと、

自分で選んだもの、自分が考えたものに

 

根拠のない絶対的な自信

 

があるからです。

なので自分が決めたもの以外の選択肢は受け取らないんですね。

 

これで実力があれば、何も問題ないんですが、

下っ端でこんな意固地の奴は、上からみれば

 

使いにくくて仕方がない。

 

だって、能力低いくせに従わないんだもの。

 

いじめたくなるよねー

 

ちくちくするよねー。

別に評価したくないよねー。

 

こんな上司が幼稚だとかそんな問題はまあ置いといて、

 

やっぱり、いかなる時も相手の気持ちを考えなきゃいけないなって思うんです。

 

相手の気持ちになって考えなさい…

そう幼稚園の先生が言っていたことは何も間違っていなかったのだ……。

 

なにも上司の言っていることを

全肯定しろと言ってるわけではないんです。

上司だって人の子だし、間違えることもあるでしょう。

 

ですが、いきなり全否定しちゃうと相手もムッとしちゃうので、

まずは受け入れる。

なるほど!わかりました!

振りでもいいから言ってみる。

その後、どうやって自分の意見を通していくかが

政治力の見せ所

だと思うんですね。

いきなりの全否定は政治力皆無すぎてビビります。

 

そして、何か相手が好意でしてくれたことがあったら

それがいかに的外れであったとしても

 

ありがとうございます!

 

とこれまた受け入れる。

 

もらえるものは、

何でももらっておいた方がいいよね。

 

そして、助けてもらったら、もらいっぱなしにせずにきちんとお礼をする。

それで、あとで恩に着せてくるような人だったら

自分が人を見る目がないだけですよ。

 

上司が嫌いだ!

仲良くしたくない!あいつ人間的におかしい!

従いたくない!って人もいるかもしれませんが、

それも、

 

あいつより自分の方が優れているううううう!!!

 

って気持ちの表れです。

自分の方が上だっ!って気持ちは声に出さないでも相手に伝わって

ますます関係がこじれていくわけです。

 

なので、自分の方が正しいとかそんな自分の思いあがった気持ちに固執せず、

上司なんてオタサーの姫ぐらいに思うことにして……

 

 

 

素直が一番!

 

って思うんですよね。

と言ったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆

わいもハンチョウみたいな人が上司がいいよ。

 

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

寄稿コーチングのご依頼はこちらのメールフォームまでご連絡ください。

ヤフーメールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね!  

不安を取り除く方法

私は非常に不安感が強い性質でして、

こないだ受けさせていただいたインタビューでも生きるか死ぬかみたいな話をしてて…

(こないだ受けたインタビューはこれ!読んだらかえってきてね)

www.e-aidem.com

 

自分かわいそう…。

 

不安感が強いというのは、 

常に悪い結果におびえている状態でして、 

 

新しいところに行くたびに

何かひどい目に合うんじゃないか…

だとか

 

新しい人に会うたびに

この人は私を騙そうとしてるんじゃ…

だとか

 

新しいチャンスにめぐりあうたびに

きっとこんなものはうまくいかないに決まってる……

だとか

 

そんなことを考えていまして、つまりは

 

ウルトラ!☆

スーパー!☆

ネガティブ!☆

シン!キング!☆

 

だったんですね。

 

なんでこんな性質なのかなーゆるい虐待を受けてたからかなー?

だからいつもなんか不安なのかなーって思ってたんですけど

(ゆるい虐待についてはこの記事を読んでね)

zunzun428blog.hatenablog.com

 

でも、いつもネガティブっているって実は結構疲れるんですよ…。

 

不安っていうのは

 

まだ起こってない未来ことを勝手に想像して

勝手に悪いことが起こると考えている状態

 

でして、

つまりはずーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっと

悪いことを妄想してる状態なんですね。

 

ずっとエッチな妄想してたら疲れるじゃないですか。

365日ずーーーーーと同じ妄想なんて疲れるじゃないですか。

同じで悪い妄想も、ずっーーーーーーとしてると

 

疲れるんですね…。

めっちゃ疲れるんですわ…。 毎日へとへとです。

いつもおびえてるから心に平穏はありません。

 

ですがある日気づいたんです。

 

もしかして私…

 

不安がることで

心の安全地帯をつくってるんじゃないか?

 

って…。

 

不安がってあらかじめ悪い予想をしていれば、

 

実際に悪いことが起きたときに

 

やっぱりな!

思った通りだよ!!

だから言っただろ!!!

私の予想した通りだ!!!

 

って感じで、

 

心の謎の安全地帯に逃げ込むことができるんですね。

悪いことを予想して実際悪いことが起きても

そんなにダメージがないように、

不安がって不幸の予行練習をしておくんです。

 

これってはっきりいって

 

無駄

 

DIO様に怒られてしまうぐらい

 

無駄

 

不幸の予行練習にエネルギーを使うぐらいなら、

 

筋トレしてた方がマシなんですよ。

腹を割ってた方がましなんですよ。 

 

不安がっても悪いことは起こりますし、

不安がらなくても悪いことは起こるんですね。

 

大切なのはなぜそんなに不安がって、怖がってるのがってことでして、

本当は何が怖いのか

それを見つけなきゃいけないんです。

 

新しいところにいって不安なのは、その場所に対する知識を持っていない恐怖から

新しい人に会って騙されるかもと不安なのは、信用して裏切られる恐怖から

新しいチャンスに不安なのは、自分が能力不足なのではないかという恐怖から

 

恐怖を見つけたら今度は「どうすればいいか」を考えれば、

不安は消えていくはずです。

 

 

得体のしれない不安におびえる前に

 

まずは素数でも数えて…

 

落ち着いてみてくださいね。

といったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆

承太郎と結婚したかったよね 

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

荒木飛呂彦の漫画術 (集英社新書)

 

 

 ☆☆☆ ☆☆☆

 

寄稿・コーチングのご依頼はこちらのメールフォームまでご連絡ください。

ヤフーメールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね!