ずんずんのずんずん行こう!改!

日々のこころのあれこれじゃよ

にほんおいしいなんでもおいしい

日本はなんでもおいしいなぁという雑記です。

 

ジャパンに帰ってきてから早幾年というわけではありませんが、約2週間ほどですが、日本はマジ何たべてもおいしいんでワタシシアワセトテモシアワセ。カタコトになるぐらい幸せ。

特に、ジャパンは何がすごいって「てんや」がすごいですね。

あのみんな大好き天丼屋さんです。

わたくし、シンガポールにて、天丼をよく食べていたんですけど、そんな高級な天丼じゃなくて、チェーン日本食レストランの天丼でして、それでも2000円ぐらいするんですよ。2000円ですよ。てんやなら490円、いや、もちもちのうどんとかつけても900円ぐらいの天丼が2000円ですよ。しかも、それがおいしいってわけじゃなくて、天ぷらの衣とかフリッターみたいなんですよ。フリッターってわかりますか。わからないならググってください。とにかく、衣が2センチぐらいあるんです。2センチはちょっと言い過ぎたなって思いましたが、とにかく分厚いんですよ。

そんな2センチの衣をですね、常夏の国でかみしめてたんです。

クーラーの効きすぎた店内で、びちゃあって安い悪い油がフリッター衣から口内に染み出しますよ。酷い仕打ちですよ。残虐すぎますよ。

かみしめるたびに、うぅ…故郷に帰りたいって涙していました。

 

それがいざジャパンに帰って、てんやに入ると、どうですか。

おっさんの横のカウンター席にすわりますよね。

おっさんとの距離感、近いんですよ。パーソナルスペース感ゼロよ。

注文すると5分ぐらいで運ばれてきて、

興奮やばいですよ。

しゅってハシを手に取って、シュパッと天ぷらをつかんで口に入れれば、

 

サクサク!サクサクだよ!

衣が2センチもないよ!

 

これがこんな安価な値段で味わえるなんて…

 

もう日本に住むことに不幸とか、何があるんだよ…

 

俺はもうお前らの気持ちがわからないよ…

 

ありがとう…ありがとう…ジャパン…

 

よくわからないけど祖先にも感謝しました。盆だし。

もう、人生にてんやがあるだけでいいじゃん。

シャンペーン(※シャンパン)とかいらないじゃん。

キラキラ女子(今はこういうのか)の気持ちとかわからないよ…。

私も昔は、クルーザーでドンペリウェーイ!とかやった女…。

 

人生っていうのはね。やってみたいことはなんでもやった方がいいのよ。

高級寿司ってどんなもんなんだろう?って思いながら回転ずしに入るより、

一回高級寿司を食べてみれば、

「こんなもんか。自分は回転寿司で十分だな

ってことがわかるのよ。

1回2万円の食事は確かに贅沢だけど、

2万円払って死ぬような生活をしていないなら、

長い人生で一回ぐらいはやりたいことは試したほうがいい。

色々知ったら自分が好きなものや必要なものがわかってくる。

 

そう…

私は、てんやを支持していくね…。

 

そいえば、シンガポールでよく食べてたよくわからないシュークリーム的なもの(しかしシュークリームではない)が、立ち寄ったスーパーでも売ってたんですが、値段が98円とかで、

 

貴様、シンガポールでは3ドル(約240円)とかしたのに…

 

あたしはね!!!

別にあんたのことが好きなわけじゃなかったんだよ!!

 

しょうがないから食べてたんだよ!!!(怒)

 

みたいななぞの怒りに襲われました。

つまりはこの雑記は日本はなんでもおいしいなぁという雑記です(前掲)

おわる

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームでメールを送ってね!

コーチングは対面かスカイプでやってるよ!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

Yahoo!メールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!頼む!マジで届かないんだ!

 

コーチングのよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね☆

 

 

 

 

 

もっと頑張らなきゃ!~努力と達成感のお話~

世の中には、

 

「かわいそうな頑張り屋さん」

 

というものがいて、

この頑張り屋さんは、めちゃくちゃがんばり屋さんです。

 

まんますぎました。

ともかく、こういう人はめちゃくちゃがんばるのです。

 

人から

 

すごいね~

 

 なんてよく言われるんですが、当の本人は、

 

「え?こんなのたいしたことないじゃん」

 

といった具合で満足していないご様子で、

ますます頑張っていきますが、

 

その実、めちゃくちゃ疲れているんですね。

 

やっぱり、めちゃくちゃがんばってるから、

めちゃくちゃ疲れていて、

 

もうヘロヘロなんです。

 

じゃあ休めばいいじゃん!って感じなんですけど、

 

「いや…自分、まだ全然たいしたことないんで…もっと頑張んなきゃ…」

 

と頑張りつづけてしまうかわいそうな人です。

 

はたから見ると痛々しくて余裕がないのですが、

本人も やめることができません。

そのうち、頑張ることに耐え切れなくなってしまって、

病気になってしまったり、

突発的に仕事を辞めてしまったりします。

そして、しばらく休んで元気になったら、

また無茶ながんばりを続けるんですが、その間も

 

「自分はダメだ、ダメだ」

 

って責め続けているんですね。

つ、つらい…。

 

なんで、こんなことになってしまったかというと、

 

達成感ボロッとどこかに落としてしまったからなんです。

 

人は、何かを成し遂げた時、

「わあああい!やったあああ!」

と達成感に浸って、

 

よーし!俺ってすごいぞー!

 

と自己肯定感を増やしていくことができます。

でもこの達成感をどこかにボロっと落としてしまった人は、

 

何をやっても達成感を得られず 

満足感も得られず、

その代わり枯渇感や焦燥感がすごいんです。

 

この枯渇感や焦燥感に駆り立てられて

また頑張り続けちゃうんですね。

そうすると、終わらないフルマラソンを、

走っている気分になってしまうんです。

 

こういう人は、大体の人は完璧主義者です。

仕事のやり方が完璧という意味の完璧主義者ではありません。

 

自分の頭の中にある

 

理想の自分

 

完璧になろうとしている完璧主義者なのです。

その理想の自分がどういうものなのか、

実はよくわかっていません。

 

グローバルエリートサラリーマン

だとか

億万長者

とか

ちょっと地に足がついていない感じでをみています。

 

夢だからぼやぼやっとしていて、

具体性がまったくないのに、

 

「自分はあんな風ならなきゃ!!」

 

と躍起になって頑張っています。

 

そのために、こういう人がゴールを設定すると、

山登りで例えるなら、

5合目まで行こうと最初は考えていて、

実際5合目にたどり着くと

「いや5合目で終わるなんてけしからん。8合目まで行かねば」

と瞬間的に決めて、休まず8合目まで歩き続けます。

そして、8合目にたどり着くと

「いや!頂上を目指さなければ意味がない!!」

と8合目まで歩いた今までの努力や苦労のことをすっかりわすれて、

頂上まで歩き出すのです。

 

これじゃ、疲れちゃいますよね。

 

目標を達成する能力というのは、

自分をいたわる能力も含まれています。

 

時には自分が過去にやった努力、成果、疲労を適切に認識して、

自分を休めてあげなければいけません。

そして、疲れ切ってしまってもう歩けなくなった時は、実は

 

自分の今までの生き方を振り返るときなんです。

 

人はどんなに賢い人でも常に「変わらないこと」を望みます。

変わらないって、同じことをやってればいいんで、楽じゃないですか。

新しいことを始めると、失敗するかもしれないし、怖いじゃないですか

だから今までの生き方、考え方に固執してしまうんですね。

 

でも、変わらないことを選んで、ボロボロになったんなら、

変わることでボロボロになったって

 

ボロボロになるのは同じですよね?

 

えっ?違う!?

 

同じボロボロになるなら、

自分が楽になる方を選んだ方がいいと思うんです。

 

それでも、変わるの怖い~!楽するの怖い~!って、

自分でもちょっと異常なって思う恐怖心を感じたら、

 

滝にでも打たれるべきかもしれない

 

だってサマーだし(おい)

 

 滝はいいぞ、打たれたことないけど。

 異常な恐怖心は過去のトラウマから来たのかもしれないし、

家庭環境からきたのかもしれないし、

同調圧力からきたのかもしれないし、

それを探るためのツールとして、

滝でも座禅でもスピでも宗教でも哲学でも、

カウンセリングでもコーチングでもなんでも使ってみてください。

 

特にずんずんさんのコーチングはいいぞ・・・【PR】

今対面でのコーチングもやってるからよろしくねー☆

といったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

 

自分が楽になる方ってどういうこと?と思った人は、

この記事を読んでみてね~。

 

zunzun428blog.hatenablog.com

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームでメールを送ってね!

コーチングは対面かスカイプでやってるよ!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

Yahoo!メールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!頼む!マジで届かないんだ!

 

コーチングのよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね☆

 

お兄ちゃん、お姉ちゃんより愛されたい

2番目以降の子供って(次男とか次女とか三男とかその辺)

いつだって年上の兄弟のことを

 

ライバル

 

だと思ってるよなー

とか、考えたわけです。

 

やっぱり、妹や弟って

 

お兄ちゃんより

お姉ちゃんより

自分の方がすごいんだぞー!!

 

ってことを親に証明したいんですよね。

なんで証明したいかっていうと、

 

自分が上の兄弟に比べると愛されていない

 

と常に感じているからです。

 

いつも親が上の兄弟と自分を比べて、

 

お兄ちゃんに比べてあんたはあーだこーだ

お姉ちゃんに比べてあんたはあーだこーだ

 

と言われたり、

 

あからさまな扱いの違い

 

を受け続けてきたのでそう考えてしまうんです。

 

例えば私の場合は、兄の方に親は私の倍の学費を費やしました。

大学の入学式も兄はオーダーメードのスーツを買ってもらいましたが、

私にはそんなことはありません。

 

きっとこれを読んでいる方のなかには、

いつも、兄弟のおさがりの服を着させられていた

だとか、

兄弟の方がいいものを食べていた

だとか

大きくなった今でも、

理由がわからない扱いの違い

を受けていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

これって不平等ですよね。

怒りますよね。

同じ風に扱ってほしい

って思いますよね。

 

やがて、どうして、

自分は兄(または姉)と同じように扱ってもらえないんだろう?

って考えはじめ

きっと上の兄弟よりも優秀ならば同じように彼らと同じように愛してくれるに違いない

って考え始めるのです。

 

だからめちゃくちゃ頑張るんですね。

 

特に収入面では何としても勝ちたいと考え始めて、

良い学歴、良い追い求めようとします。

 

でもね、どんなに頑張って

同じように愛してもらおう

上の兄弟より自分が一番大事だと思ってもらおう

って思っても

 

絶対、上の兄弟と同じ愛情はもらえないんです。

 

もうこれは絶対もらえないんです。

 

だって、

親があなたに与えている愛情と、

上の兄弟に与えている愛情は別物だからです。

 

それは、例えば

 

母ちゃんはカレーライスが好きなんですよ。

最初に自分で作った料理がカレーライスなんですよ。

でも母ちゃんはラーメンも好きなんですよ。

 

カレーに対する愛情と

ラーメンに対する愛情を

 

同じものにできるか!?

 

ってことなんです。

胸に手を当てて考えてみてください。

カレーとラーメン、それぞれいいところもあって悪いところもあって、

だがどちらも捨てがたい…

そう思いませんか?

 

カレーもラーメンも好きじゃない?

え…そんなこと言われても…。

 

あなたがラーメンだとしたら、

どんなに頑張ってもカレーにはなれません。

カレーラーメンというものもありますが、

それは邪道です。

真のカレーには勝てません。

 

幼いころに受けた扱いの違いは、

おうちの金銭的な都合とか

あなたが女だからとか

次男だからだとか

そういった古い慣習のせいだったり、

はたまた、従順なあなたを扱いやすいと思ったので

そういう扱いをしたのかもしれません。

 

でも母ちゃんがラーメンが好きなことは確かなんです。

そんな風に、上の兄弟とは違った感じで

母ちゃんは確かにあなたのことが好きなんです。

だから1番好きだとか、

あなたの方が下とか

そんなことはないってことを、一瞬だけでもいいから信じてみてください。

と言ったところで今日は失礼します☆

 

 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

 うーん面白い

アヴァルト(1) (シリウスコミックス)
 

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームでメールを送ってね!

もうすぐwebを作ってわかりやすくするから待ってね!(涙)

Yahoo!メールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!頼む!マジで届かないんだ!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングのよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね☆

お母さんの愚痴の聞き方

やあ、みんなもうすぐお盆休みだね!

 

お盆休みでご実家に帰省する人もいらっしゃるかと思います。

もうね…実家ね…

 

母ちゃんの愚痴すごいよな…

 

特に母ちゃんの父ちゃんに対する愚痴はなんなんだよ…。

母ちゃんの中には何か暗黒の腐った袋でも詰まってるのかよ…。

 

とか考えていたら、

瀧波ユカリ先生の「ありがとうって言えたなら」という漫画を読んでいたら

作中、

 

死にかけていた母ちゃんに父ちゃんの悪口の話を振ったら起きた

 

という衝撃の展開がありました。

 

 

瀧波ユカリ先生の漫画はこちら!読んだらかえってきてね!)

crea.bunshun.jp

 

そうか!

母ちゃんはそんなに父ちゃんの悪口が好きなのか?

 

と言いたいところですが、

恐ろしいことに、ほとんどの母ちゃんたちは自分が

 

父親の悪口を言っているという自覚がないんです。

 

あたしは苦労した

本当にひどい父親

あの時もどうのこうの

 

場合によっては、

 

あんたがいたから別れられなかった

 

みたいな酷いことを平気で言ってきます。

 

何度も何度も過去のつらかったことを母ちゃんたちは繰り返しますが、

その実、子供の前で父親の悪口を言っている自覚はないんです。

 

なので、母さんがいつものように愚痴をはじめたら

思い切って、

 

「うちの父がとんだご迷惑を…」

 

と言ってみましょう。

すると、

 

母ちゃんはビビります。

 

さらに愚痴や悪口を続けるようだったら、

 

「本当にあの人(父)は頭が悪いんです。申し訳ありません」

 

などと頭を下げると、

 

母ちゃんはさらにビビります。

 

母ちゃんはそこで、

 

あっ、自分はどうも、子供の自尊心を傷つけることをしているぞ?

 

とやっと気づいて、そこでピタッと愚痴をやめます。

 

そもそも、母ちゃんは、

 

毎日毎日苦しくて

わかってくれる人がいなくて、

慰めてくれる人がいなくて、

寂しくて、

 

それだから愚痴ってるんです。

でも現状を変える勇気はありません。

 

慣れた環境から変化するって苦しいですよね。

普通の人にはできません。

 

私たちの多くは、

小さい頃からお母さんがしてくれた自己犠牲に報いたいと思っています。

だからお母さんには幸せになってほしいと考えています。

今はそんなことを思っていない人でもかつて小さい頃、

一度は考えたことはあるのではないでしょうか。

 

でもここでいうお母さんの幸せって何でしょうか?

 

ふわふわとした

 

なんか幸せ~

 

状態のことでしょうか?

 

実はお母さんの幸せってお母さん自身にしかわからないですし、

もしかしたらお母さん自身もわかっていないのかもしれません。

 

子供の前で父親の悪口を言ってしまうお母さんはちょっとダメな人です。

でもあなたが側にいてくれるだけで、

ほんの少しでも孤独が癒されているかもしれない

ってことを忘れないでくださいね。

 

といったところで今日は失礼します☆

 

 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームでメールを送ってね!

もうすぐwebを作ってわかりやすくするから待ってね!(涙)

Yahoo!メールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!頼む!マジで届かないんだ!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングのよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね☆

仕事を人に教えるときに考える3つのルール

こんにちは。ずんずんです。

先日、シンガポールでの仕事を辞めて日本に帰って参りました。

気づくと5年近く海外にいたわけで…

 

5年…

 

5年だと…!?(自分でびっくりしている)

 

5年もあれば受精卵が細胞分裂して人の形になって、この世に舞い降り、

人の言葉を話しだし、盗んだバイクで走りだすわけです。

 

一方私ときたら5年かけて、

 

無職だと…?

 

無職とはつまりは無です。

無から何が産まれるかというと、

 

ゼロ・トゥ・ワン

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか

 

 

ゼロからはなんでも生み出せる…!

 

というわけで、

しばらくはコーチングとか執筆を頑張っていきたいと思います。

いえええええい!応援よろしくね!

 

☆☆☆ ☆☆☆

 

さてはて、会社生活をやめて独立するって決めたのはいいけれど、

自分が何をしていくか人に説明するって大変だなぁって思ったわけです。

 

自分が何をしたいか、

どうしていきたいか

 

こういったことを具体的に説明する能力って大切ですよね。

 

 会社の仕事だって、 誰かに何かを説明することって重要ですよね。

特に後輩や部下を持った時なんて、

何度教えても教えても、

言った通りにやってくれなくて、

 

貴様、私の話を聞いていないのか…?

 

みたいなことは起こると思います。

 

この馬鹿め…!

 

と部下にキレる前に考えることがあるとしたら、

 

もしかしたら自分の教え方が下手かもしれない?

 

ってことを一度胸に手を当てて考えてみなきゃいけません。

 

理解力、想像力は人によってそれぞれです。

相手に合わせた説明の仕方、

つまりは教え方をしなければいけません。

 

具体的になにをすべきかというと、

 まず最初に、

 

心に7歳児を飼うんですね。

 

何言ってるんだって感じですが、

目の前に7歳の幼女がいると想定して、

その子に今自分が説明しようとしていることを説明してみるんです。

 

7歳の子が理解できるようだったら

きっと誰でもわかります。

 

しかし、そこまでわかりやすく説明したとしても

理解できない部下もいるわけです。

残念ながら、

 

その部下は7歳の幼女以下なのかもしれません。

 

シビアな現実です。

 

きっとデキナイ部下に怒りを感じることかと思います。

ですが、ここでまた手を胸にあてて、考えなければいけないのは、

 

自分が言ったことを相手が理解してくれる と信じてないか

 

ということです。

 

…理解してくれないのよ。

人間はどんなに誠意を込めて説明してもわかってくれない時だってあるのよ…。

 なので、

 

何回話しても理解してもらうのは難しい

 

ってわかっていれば、怒りなんてわかないですよね。

むしろ、こいつにわからせてやる…

みたいなガッツがわきませんか?(私だけ?)

 

そして最後に大切なのは、

相手の聞いてるふりわかってるふりを見抜くことです。

 

人間聞いてるうちにわからなかったりすると

だんだんぼーっとしてきますよね。

人によっては

 

「なるほど、わかりました」

 

なんて全然わかっていないのに、元気よく言う人だっているかもしれません。

そんな人にあたったらどうすればいいかというと、

 

「じゃあ、今言ったこと説明してみて」

 

と相手に説明させてみてください。

もしかしたら、全然見当違いのことを話だすかもしれません。

 

そんな時は、ぐっとこらえて…。

もう一回説明してあげましょう( ;∀;)

といったところで今日は失礼します☆

 

 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームでメールを送ってね!

もうすぐwebを作ってわかりやすくするから待ってね!(涙)

Yahoo!メールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!頼む!マジで届かないんだ!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね☆

 

ダメ上司☆決定版

もうすぐ仕事やめるんですけど、
仕事辞める前の人間って、

 

透明感あるよね…

 

なんというか

 

すべてを許す慈悲めいたものまであるよね…。

 

あんなこと、

zunzun428blog.hatenablog.com

 

こんなこと 

zunzun428blog.hatenablog.com

 


あったよね…


もう紙パンツはかないでいいんだ…。

 

だって無職になるからね!!

 

…うっ!(心臓がやられた)

 

なんせアダルトチルドレンは0(無職)か100(激務)しかないライフだからね!

 

…うっ!(心臓がもう一度やられた)

 

しかし、いろんなブラック職場を渡り歩き、

 

ついに、あたくし、

 

ダメ上司なるものの最大公約数

 

に気づいたんですね。

 

モラハラ上司
セクハラ上司
プレッシャー上司

 

このアース(※地球)にはいろんなダメな上司がいるけれど、

どのダメ上司も、

 

部下が「何が興味があるか」全く関心がないくせに

自分が「何に興味があるか」察しろ

 

って人が多いよね。

 

というのも、私は

 

上司が「何が好き」で「何が嫌いか」っていうのを知っている

 

んだけど、上司は、

 

私が「何が好き」で「何が嫌い」かっていうのを知らないな!?

 

と思ったからです。

上司様は上司様であるがゆえに偉大であり、

 

きっと前世では旦那様と奴隷の関係であったわけであり、

私の功徳が足りなかったせいで今生も主従関係にあり、

 

あれこれ指示してきて、
自分の意に沿わないことはブチ切れることができますが、

部下はブチ切れることができないので、粛々と上司様に従うしかないんですね。

そんな上司の下にいると、部下は我慢比べみたいになってしまって、
我慢の限界点を超えるとぼろっぼろっと辞めていく…

 

つらい…。

こんな上司の下にいたくない…。
でもね、

 

ちくしょーダメ上司めー

人の事、人間だと思ってねー
お前の手ごまかなんかだと思ってるんだろー!

 

って埠頭で(?)海に向かって叫んでいてもだめなんです。

上司に自分の「好み」をわかってもらう努力って必要だと思うんです。

 

もちろん、人によって仕事で「何がほしいか」って違いますよね。

 

人によっては成長が欲しいし
人によっては承認が欲しい
人によっては成長なんか興味なくて、ちょっと尊敬されつつ定時で帰りたいだけなんです。

 

例えば、承認が欲しい人だったら

 

「私はあなたに褒められたいと思ってるんですが、一度もお褒めの言葉をもらったことがありません。どうしたら期待に沿えるでしょうか」

 

って上司の聞いてみて、上司の期待値チェックをしなきゃいけないと思うんです。

これって勇気がいることですよね。

それで勇気を出してみたとしても、上司は

 

「俺が言ったことを言った通りにやれ」

 

ぐらいのことしか言われないかもしれません。

こういう時は

 

アクティブに上司の頭をカチ割っていこう!!

 

というわけではなくて(割りたい)

 

ああ~まじでこういう人なんだ~

 

って上司の人柄を知れただけでも、儲けもんかもしれません。

 

ここで言いたいのは、

 

上司に自分の好みを伝えていくことの大切さなんです。

 

なんでだ!なんでだ!って不条理を嘆くより、

 ひとつでもいいから上司に自分の好き嫌いをアピールいきましょう。

そうすれば、毎日ほんの少しだけ今の職場が居心地よくなっていくかもしれません。

といったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

 

ここでおしらせです☆

コーチングをさせていただいて、一番多い相談が

 

次のキャリアの一手がわからない!

 

って相談なんです。

もちろんコーチングをすれば、じーーーーーーっくり深く話あえるけど、

何十人の人をコーチングできるわけではない…。

 

というわけで、今度の8月26日(土)にワークショップをすることにしました!

その名も

 

「キャリアの次の一手を決める☆3時間集中ワークショップ」

 

です!(まんまだと…?)

 5月に行わせていただいたワークショップとはちがうものです。

今回は、自分のキャリアの軸足をどこに置けばいいかをじっくりと考える3時間です。

ご希望の方には、ワークショップの後の懇親会にご参加いただけます。

みんなで肉食おうな…。

くわしくは下記の特設サイトをご覧ください。

前回のワークショップは2日で満員御礼になっていまいましたので、

お早めにお申し込みください☆

ptix.co

 

 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームでメールを送ってね!

Yahoo!メールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!頼む!マジで届かないんだ!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

※8月から対面コーチングもできるので、お早目のご予約お願いします~!

 

コーチングよくある質問】

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね☆

 

☆☆☆ ☆☆☆

やさしくされたい…。 

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち (PHP新書)

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち (PHP新書)

 

 

 

過去は痛いよー

誰だって、みんな、思い返すだけで

 

つらくって

苦しくって

惨めになる経験

 

というのをしたことがあると思うんだけど、

その記憶を思い返して、

 

落ち込んだり、

死にたくなったり

消え入りたくなったりしたら

 

覚えておいてほしいことがあって、

それは

 

過去は痛いよー

 

ってことです。

 

つらい記憶ってやっぱり痛いんですよ。

あれは仕方なかったんだ、なんてなかなか言えないじゃないですか。

早く忘れたいんだけど、なかなか忘れられないときは、

どうすればいいかというと、

 

その記憶と戦うしかないんです。

 

こんな話があります。

私の師匠のコーチはシンガポール人でして、ある日、その師匠のところに

1人の学校の先生がやってきました。

先生はマレーシア人で、中学校のクラスを担当しています。

ある日、学校で校外学習があったんですが、

先生は体調不良でその郊外学習に参加できず、

生徒とほかの先生たちだけがバスにのって校外学習へ向かいました。

マレーシアって、もう本当にインフラが整っていないんですね。

日本じゃ考えられないようなことが起こります。

運悪く生徒たちが乗ったバスがトンネルをくぐろうとしたところ、

がらがらがらっとトンネルが崩れて

その落石でバスは押しつぶされ、12人の生徒がなくなりました。

 

めちゃつらい。

 

先生もめちゃつらい。

先生はこのつらい事故の記憶を忘れようとしましたが、忘れられません。

 亡くなった生徒たちの顔がいつも浮かんでくるようです。

なんで、自分はあの校外学習に参加しなかったんだ。

自分も行って、生徒たちと一緒に死ぬべきだったのだと

そんなことまで先生は考えるようなります。

 

しかし、師匠のコーチングを受けた結果、

先生はその記憶と戦うことを決意したのです。

 

何年たっても苦しいし、喪失感は襲ってくるけれど、

 

彼女はそんな気持ちと戦うことを決意したのです。

 

つらい記憶が忘れられないのなら、

その痛みと戦うしかありません。

 

みっともなかった

弱かった

苦しかった

惨めだった

 

そんな気持ちを思い返して、つらくなることから戦うんです。

 

つらい経験や記憶は憎しみの力に転換しやすいんじゃないですか。

自分の過去を憎むって簡単じゃないですか。

 

でもひどいことが起こったら、

必ず、その後の人生って変わりますよね。

 

例えば会社をクビになったら、

空いた時間で家族との交流を取り戻すことができたり、

彼氏と別れたら、

その次に出会った人と結婚しちゃったり。

 

過去の経験を憎しむだけでなく、

その後に起こったよかったことにフォーカスしてみてください。

 

ぐっと心に力が湧いてくるはずです。

 

変な話、つらい経験って「転機」なんですよね。

転機はいつも悲しみの顔をしてやってきます。

 

ですが、ある時、何かの瞬間に

 

あれはあれでよかったのだと

 

天を仰いでなんか泣きますんで(笑)

過去の痛みから逃げずに、戦ってみてください。

と言ったところで今日は失礼します☆

 

☆☆☆ ☆☆☆

 麗華はがんばった。

あなたのことはそれほど 5 (Feelコミックス)

あなたのことはそれほど 5 (Feelコミックス)

 

 

☆☆☆ ☆☆☆

コーチング、寄稿のご依頼は、こちらのメールフォームでメールを送ってね!

Yahoo!メールは届かない場合があるから違うメアドを使ってね!

コーチングに興味がある人は詳細教えて~!ってメールくれれば詳細を連絡するよ!

※8月から対面コーチングもできるので、お早目のご予約お願いします~!

 

コーチングよくある質問】 

Q.どんなことをコーチングしてもらえるの?

A.なんでも大丈夫!でもキャリアに関すること、家族関係に関する依頼が一番多いよ~。

Q.遠方だけど大丈夫?

A.スカイプがあるから大丈夫!

Q.ウツだけどコーチングできますか?

A.精神疾患を患われ投薬治療をしている場合はコーチングを受けることが適切じゃない場合があるからその場合はお断りさせてもらってるよ。コーチングはきついからね…。

Q.17歳だけどコーチング受けれますか?

A.18歳になったらまた来てね☆